AIで数時間かかる配車・配送計画を数十秒〜数分で作成 実証実験環境を無料提供

このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社Logpose Technologiesは6月9日、人工知能(AI)技術を活用することで、全自動で高速に配車・配送計画を作成できるアルゴリズム「LOG(ログ)」を開発したと発表。ソフトウェア提供企業向けにアルゴリズムライセンス「LOG API」、運送業者向けに配車計画管理システム「AI自動配車アシスタント LOG」の実証実験環境を無料提供する。



運送会社では配車担当者が膨大な荷物量に対して、過去の経験をもとに配車組みを実施している。配車する際にドライバーの勤怠管理や給与計算(走行距離を給与に反映する場合)、配送時間指定、車格指定など、さまざまな制約を考慮する必要があり、1日に数時間配車業務を実施する場合もあるという。

今回、Logpose Technologiesが開発したアルゴリズムは運送会社と連携し、現場の意見をもとに開発を進めた。本アルゴリズムは複雑な制約条件を加味して、数十秒〜数分程度で最適な配車計画を出力するため、これまで配車担当者が実施していた業務を効率化できる。

データを入力するだけで結果を出力できるため、誰でも簡単に使える。配車担当者が経験を頼りに配車組みするため、属人的になりがちな業務の解消にもつながるとうたう。

トラックを停めている拠点(車庫)と配送先(積み地/降ろし地)を近いところからマッチングさせる最適化アルゴリズムも実装した。複数の拠点がある場合や複数の運送会社で配送先を割り振る場合などでも、一括で最適な計画を立てられるとしている。

>>ニュースリリース