Pythonで始める機械学習の勉強方法 | 初心者向けの学べるサイト・コンテンツ解説

このエントリーをはてなブックマークに追加

AI(人工知能)を支える技術である機械学習。

近年、機械学習(マシンラーニング)で用いられるプログラミング言語として「Python」が人気を博しています。

本稿では、機械学習の定義からPythonの人気の理由、Python学習サイトまで解説します。

今さら聞けない機械学習とは?

Photo by Free-Photos on Pixabay

機械学習とは、コンピューターが大量のデータを学習し、分類や予測などのタスクを遂行するアルゴリズムやモデルを自動的に構築する技術です。現在のAIの中核技術であり、ディープラーニングも機械学習の一部です。

機械学習について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

機械学習で使われるプログラミング言語「Python(パイソン)」

機械学習で用いられるプログラミング言語は、Java、C++、Cなどの汎用性が高い言語のほか、JavaScriptやPython、R、Octave、Scala、Juliaが挙げられます。

多数の言語があるなかで、近年とくに人気が高いプログラミング言語が「Python」。IBMが公開した資料「The Most Popular Language For Machine Learning Is …」によると、Pythonは2016年にJavaを超え、現在もっとも人気のある言語です。

出典: IBM Community

Pythonが機械学習に用いられる3つの理由

Pythonが機械学習のプログラミング言語として支持される主な理由は、信頼性や効率性、習得の容易さが挙げられます。

(1)信頼性 

Pythonは、プログラミング言語として多数の企業が採用しており、以下のような身近なサービスにも使用されています。

    • YouTube
    • Instagram
    • Dropbox

また、機械学習においてもSoftbankのロボット「Pepper」内部の機械学習でもPythonが用いられています。

このように多数の企業に裏付けられた、プログラミング言語としての信頼性があります。

(2)Pythonベースの多くのライブラリやフレームワークが存在

機械学習では主にPythonが用いられますが、すべてのプロセスをPythonで行う訳ではありません。たとえば「numpy」や「pandas」など、さまざまな*フレームワークを用いて機械学習を構築します。

*web開発において頻繁に利用される機能をあらかじめ作ったもの

フレームワークの機能はPythonをベースとしたものが豊富に存在するため、効率的な機械学習モデルの構築が可能です。

(3)シンプルでわかりやすい

Pythonは、少ないコード量で簡単にプログラミングできます。またほかの言語と比べ、他人が書いたコードの可読性が高いため、コードの理解や上書きがしやすく、効率的に開発ができます。

Python学習におすすめのサイト

Photo by StartupStockPhoto on Pixabay

初心者におすすめのPythonの学習サイトを以下にご紹介します。

(1)Aidemy

Python入門からディープラーニング、自然言語処理などのAIに関する技術まで、実際にコードを書きながら学習できる初心者向けのサイトです。

プログラミング初心者にとって敷居の高い、環境構築が不要。ブラウザのみで学べるため、気軽にスタートできる点が特徴です。さらに、機械学習の実装方法を説明したテキストが用意されており、数学的な知識がなくとも演習が可能です。

(2) Udemy

アメリカ発の動画を使ったオンライン学習プラットフォームです。世界中の42,000人以上の講師が10万以上のコースを提供しており、Pythonのコースも初心者からエンジニア用まで豊富に存在します。

2015年より日本ではベネッセコーポレーションが提携して運営しており、日本語のコンテンツも多く提供されています。

(3) Progate

プログラミング初心者向けのオンライン学習サービスです。「初心者でも挫折せずに学べるサービス」を追求しており、プログラミング初心者が最初に使うのに最適なサービスです。わかりやすいスライドを用いて、基本的な知識を学ぶことができます。

(4) ドットインストール

3分動画でマスターできるオンラインプログラミング学習サイトです。「細かいところは大胆にざっくり省き、おおまかな仕組みを理解してもらうこと」を目的に初心者向けのサービスが提供されています。すべてのレッスンは3分以内の動画で提供されており、空いた時間でも学習できます。

プログラミングなしでAIを利用できるサービス

また、プログラミングのスキルがない人でも気軽にAIを利用できるサービスも存在します。とくに注目度の高い4つをご紹介します。

(1) Prediction one 

Sonyが無料で提供する、数クリックだけで簡単に予測分析ができるサービスです。統計学やプログラミングなどの専門的な知識なしで利用できます。

(2) Neural Network Console

こちらもSonyが提供する、プログラミング不要でディープラーニングを利用できるサービスです。シンプルで美しいデザインUIが特徴で、クリック操作だけでニューラルネットワークを構築できます。

(3) Azure Machine Learning サービス

Microsoftが提供する、コード不要で機械学習モデルを効率的に構築できるサービスです。サイトのポータル上でモデルを管理できることが特徴です。

(4) Matrix Flow

ドラッグ&ドロップだけで機械学習・深層学習のモデルを構築することができます。データサイエンティストのノウハウを自動化するため、機械学習の専門知識が全くない開発者でも、簡単にコストを掛けず最適なアルゴリズムとパラメータの組み合わせを探索することができます。

Python/機械学習人材の需要は高まる一方 

出典:「IT ベンチャー等によるイノベーション促進のための 人材育成・確保モデル事業」

AIやデータを理解し使いこなす人材の需要は、年々増加しています。経済産業省による報告書「IT ベンチャー等によるイノベーション促進のための 人材育成・確保モデル事業」によると、人工知能やビッグデータ、IoTなどの先端IT人材は、2020年には約4.8万人不足するとあります。

まだAIについて詳しくない方も、将来のAI時代に向けて機械学習をはじめとしたAIの知識を学ぶことは非常に重要です。ここでご紹介した勉強サイトを活用し、機械学習についての知識を深めてみてはいかがでしょうか。

関連記事: