Amazonのエンジニア研修で使われる「Machine Learning University(機械学習大学)」無料開放

このエントリーをはてなブックマークに追加

201811月27日、Amazonは、同社のエンジニアやデータサイエンティストの研修にも使われる「Machine Learning University(機械学習大学)」を無償で一般公開すると発表しました。

本格的、充実したデジタル機械学習コース

無料開放されるコースは、実に45時間以上、合計30以上にのぼります。

コースは初級者、上級者などに合わせたレベル別に加え、

  • 開発者向け
  • データサイエンティスト向け
  • データプラットフォームエンジニア向け
  • ビジネスプロフェッショナル向け

など、利用者のレベル、ニーズ合わせたわかりやすい形で提供されています。

基礎からのコースもあるので、初心者も安心して学習を進められます。コース内に含まれる課題はより実践的な内容となっているため、熟練者にとっても興味深い内容となっています。

コースを選ぶ際は、

  • 学習分野
  • 経験レベル
  • 職種
  • 使用言語

でフィルタリングでき、一般の方でも学びやすい環境が提供されています。

AWS認定「AWS Certified Machine Learning」でさらなるスキルアップを

コース履修後の利用者は、AWS認定の受験が可能になり、さらなるスキルアップに繋がります。

To help developers demonstrate their knowledge (and to help employers hire more efficiently), we are also announcing the new “AWS Certified Machine Learning – Specialty” certification. Customers can take the exam now (and at half price for a limited time).

source:Amazon’s own ‘Machine Learning University’ now available to all developers

なお、上記にもある通り現在は期間限定で半額の受験が可能です。

  • AIの知識を付けたい
  • 事業に活用するために実装力を付けたい
  • より実践的な課題で学習を進めたい

といった方には、ベストな機会ではないでしょうか。Machine Learning University無料開放を機に学習を始めてみては?