マクニカ、脳科学とAIを組み合わせた「BRAIN AI Innovation Lab」を設立

このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社マクニカは7月14日、脳科学とAIを組み合わせ、オープンイノベーションを通じた新たな付加価値を創造し、社会実装を推進する組織「BRAIN AI Innovation Lab.(BRAIL)」を設立すると発表した。

これまでマクニカは2019年12月に、AI専門組織「AI Research & Innovation Hub(ARIH)を設立し、最先端のテクノロジーとインテリジェンスをつなぎ、世界中の人々にとって幸せな未来社会を創ることをミッションとして活動してきた。設立から累積600本以上の論文調査を実施し、その知見をもとに、数々の社会課題に対するAI技術の実装を研究だけではなく、現場に足を運びこれまで300件以上のプロジェクトを支援している。

今回発足するBRAILは、ARIHでのこれまでの活動と実績に加え、「脳科学」という新たな技術を取り入れ、AIが生み出す価値をさらに高めていくという。BRAILは国内、海外を問わないさまざまな製品パートナーおよび大学、研究所といったアカデミックな組織との産学連携。オープンイノベーションを通じ、脳科学の活用方法やアイデアのみならず、最先端の研究をもとにした知見の共有、社会実装に向けて新たなサービスを開発および運用する。

マクニカは今後、脳活動から生み出される情報により、ヘルスケア領域では感性や心を可視化して自分自身の状態を知ることで、人に寄り添った心のケアをタイムリーに実現したり、人材活用では匠の技をAIに取り込み、人間が持つ暗黙知の再現性を高めることで生産性を向上したりするなどの状況が起こると考えているという。BRAILはパートナーとの連携を通して、社会のデジタライゼーションの加速に向けた開発、提案活動を推進するとしている。

マクニカはAI(人工知能)関連メディア「Ledge.ai」を運営する株式会社レッジ主催で、BRAILの紹介を兼ねた「『BrainTech』とは何か?」を解説するオンラインでのイベントを企画している。

【オンラインイベント 概要】
・日時:8月26日(木)17時~18時
・場所:オンライン
・主催:株式会社レッジ
(詳細は別途Webに近日公開する)

>>ニュースリリース