マクニカ、ローコード開発「Mendix」を提供開始 DX開発体制や人材育成するサービスも

このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社マクニカは10月21日、Siemens AG(シーメンス社)のデジタルインダストリーズ ソフトウェア製品であり、世界をリードするローコード開発プラットフォーム「Mendix」について、リセラー契約を締結したと発表した。

マクニカはシーメンス社の戦略的パートナーとして、DX(デジタルトランスフォーメーション)を目指している企業を対象に、Mendixの国内における販売と、同製品をベースとした独自のサービス「DSF-ローコード開発支援サービス(Mendix)」を提供開始する。

近年、ビジネス側の利用者とIT側の開発者を1つにつなぎ、製品・サービスの検討から開発、改善、リリースまでを高速に可能にする「ローコード開発」が注目されている。

アジャイルプロセスに対応可能なローコード開発

Mendixはアジャイルプロセスに対応可能なローコード開発プラットフォームだ。従来型のコンピュータ・プログラミング言語の代わりに、グラフィカル・ユーザー・インタフェース(GUI)と設定を通じてソフトウェアを開発できるテクノロジーに加え、検討から開発までの社内コミュニケーションツール、開発以降の運用環境までを実現する。

Mendixの利活用により、プログラミングスキルのないユーザーの開発への参加、ITエンジニアの開発コストの削減および開発時間の短縮化、運用保守のコストの削減が期待できるという。

DXの開発体制や人材を育成するサービス

DSF-ローコード開発支援サービス(Mendix)は、Mendixのプラットフォームを活用し、ユーザー自身が社内にDXの開発体制や人材を育成することで、ビジネスの環境変化に対応できる組織を作ることを目指し、さまざまな支援をする。

支援内容は「初心者向け技術研修の提供(中級者以上の人には、レベルに応じたより高度な技術研修の提供)」「スクラム開発の体験トレーニングを通じた実践的DX人材の早期育成」「実案件における自社メンバーとベンダーの混合チームによるスクラム開発を通じ、自社DX人材を即戦力化」。

これらの支援を通じて自社内において「紙とMicrosoft Excelを使った煩雑かつ非生産的業務の減少」「製造実行と構内物流のシームレスな連携により、製造現場のデジタル化を推進」「製品開発とアフターサービスのコラボレーションにより、市場のニーズをいち早く製品に反映」「ベンダー依存型にならず、AI/IOTなどの先端技術を使った自社内でのPOC推進」といった課題に取り組めるという。

>>ニュースリリース