中高生向けに無料のデータサイエンス講座が開講 現役データサイエンティストに直接学べる

このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社Manai Enterpriseは12月4日、多国籍の高校生たちが自身のサイエンスプロジェクトに打ち込む新しいスタイルの学びを提供する研究機関「Manai(マナイ)」において、中学3年生〜高校2年生までを対象にした無料講座「データサイエンス講座」を開始すると発表した。提供開始は2021年1月31日から。

本講座は国際的なネットワークを持つ「デロイト デジタル」と協力したもの。デロイト デジタルのデジタルトランスフォーメーション支援を担当する現役データサイエンティストたちから、直接2カ月間多面的に学べるという。目標は「社会問題に実装すること」。講座で得た学びから、人工知能(AI)が一般的な技術になっているであろう自分たちの未来についても、考える機会を提供するとした。

また、高校生向けデータサイエンス講座はいくつかあるが、高額で「親に頼みにくい」という声もあるという。Manai Enterpriseは、支援者などのサポートにより無料にすることで、講座参加への間口を広げたとしている。

学校での授業を待たず、今すぐ学びに没頭してほしい

経済産業省の調査によると、 IT人材は2020年には36.9万人、2030年には78.9万人不足するとされている。政府もプログラミング教育に力を入れ始め、2020年から小学校の必修科目にした。公立の中学校では2021年から、高校では2020年から授業がスタートする。しかし、現在一部の私立校などを除き、取り入れている学校はまだ少ないのが現状と言える。

また、LINEリサーチが9月に発表した「男子高校生のなりたい職業トップ10」では、2位に「システムエンジニア・プログラマー」がランクインしている。まだ授業が始まっていないいないにもかかわらず、IT関連の仕事に対して関心を持っていることが伺える。

そこで、Manai Enterpriseはデータサイエンスに興味がある学生たちに、学校での授業を待たず、今すぐ学びに没頭してほしいと考え、無料講座「データサイエンス講座」を開講するにいたったとしている。

>>ニュースリリース

統計の入門講座が無料に、データサイエンスに関する教員が担当

人工知能(AI)やPythonなどのプログラミング、データサイエンスに関する学習コンテンツが、無料で公開されることは少なくない。

最近でも、株式会社ドコモgaccoは11月26日、オンライン講座「gacco(ガッコ)」において、京都大学 国際高等教育院 附属データ科学イノベーション教育研究センターによる「統計の入門」講座を開講すると発表した。開講は2021年1月26日から。受講者はすでに募集している。

この記事で紹介したコンテンツはそれぞれ分野や領域は異なるものの、両方とも無料で学習できる。気になる人はチェックしてみては。