東大松尾研究室、深層生成モデルや世界モデルを学べる無料講座

このエントリーをはてなブックマークに追加

東京大学 松尾研究室は、ディープラーニング(深層学習)モデルに特化した全6回のオンライン講座「深層生成モデル サマースクール」の受講生を募集開始した。対象は学生(大学院、大学、高専、専門学校、高校、中学など)。募集締め切りは8月5日(木)の10時00分まで。受講料は無料。

本講座では、生成モデルの基礎から始めて、近年提案されているさまざまな深層生成モデルについて体系立てて講義する。深層生成モデルの発展として「世界モデル」についても1回分の講義として扱う。深層生成モデルや世界モデルは深層学習においてもっとも注目されている分野の1つであり、今後の人工知能(AI)技術のカギとなるトピックを学べるという。

企画は『人工知能は人間を超えるか』(KADOKAWA)などの著書でも知られる、東京大学大学院工学系研究科 教授の松尾豊氏。監修は東京大学 大学院工学系研究科 松尾研究室の鈴木雅大氏。

前提条件は「ディープラーニングの基礎知識を備え、基礎的な実装が自身でできること」「大学の理系学部レベルの線形代数、微分積分、確率論・統計学に関する知識があること」「Pythonでの数値解析の経験があること」「毎回の講義を確実に視聴できること」「どんなに短くても、毎週3時間程度の自習時間は確保ができること」。

なお、選考結果は8月12日(木)の17時までに応募者全員に送る。

東大松尾研究室、無料の画像認識に特化した講座開講 松尾豊氏が企画

また、東京大学 松尾研究室は、ディープラーニング(深層学習)を用いた画像認識に特化した全4回のオンライン講座「画像認識 サマースクール」の受講生も募集している。対象は学生(大学院、大学、高専、専門学校、高校、中学など)。募集締め切りは8月5日(木)の10時00分まで。受講料は無料。

本講座は、深層学習を用いた画像認識の諸分野の研究・社会実装のスタートラインに立てるレベルの知識・実装力の習得を目指す。画像認識の基本的な歴史から始まり、物体検出、セマンティックセグメンテーション、姿勢推定、顔認証、異常検知、説明可能性など、画像認識に関するさまざまな応用トピックをカバーする。

そのほか、詳細は以下の記事をチェックしてほしい。