東大松尾研究室、無料でディープラーニングを学べる講座 松尾豊氏が最新動向や今後の展望語る回も

このエントリーをはてなブックマークに追加

画像は講座ページより

東京大学 松尾研究室は、無料でディープラーニング(深層学習)について学べる、オンライン講座「深層学習 / Deep Learning基礎講座」の受講者を募集している。対象は東京大学大学院生、東京大学学部生に加え、東京大学以外の学生(若干名〜20名程度)。募集は4月5日(月)の10時00分まで。

本講座では、多層パーセプトロン・ニューラルネットワークの基礎から始まり、徐々にディープラーニングの核心的技術や最新トピックを学べる。半数以上の回で演習を実施し、技術習得を目指すという。ブラウザ上からGPUを利用したPythonコーディングが可能な環境を利用するため、自分で環境設定などをせずに、本題のみに集中して学習できるとのこと。

本講座では「深層学習と自然言語処理」「深層生成モデル」「深層強化学習」「畳み込みニューラルネットワーク」「回帰結合型ニューラルネットワーク」「世界モデル」などを取り扱う。

なお、人工知能(AI)研究の第一人者で、東京大学 松尾研究室を率いる松尾豊氏は企画だけではなく、本講座の第1回「Deep Learningの最新動向と今後の展望」では講師も務める。そのほか、詳細は講座ページを確認してほしい。

AIの基礎と開発プロジェクトの進め方を学べる無料講座、週1時間程度で

AIやPythonなどのプログラミング、データサイエンスに関する学習コンテンツが、無料で公開されることは少なくない。

最近でも、オンライン講座サイト「gacco(ガッコ)」では3月12日から、「AIの基礎と開発プロジェクトの進め方」が開講された。受講料は無料。本講座では、AIに関する基礎情報から、実際にAI開発プロジェクトを進める際のポイントまで、初心者でも理解しやすい平易な言葉で解説するという。

この記事で紹介したコンテンツはそれぞれ分野や領域は異なるものの、両方とも無料で学習できる。気になる人はチェックしてみては。