ソニー「ソニーモビリティ株式会社」設立、AIロボティクスの研究開発・事業化へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ソニーグループ株式会社は4月1日付けで、ソニーモビリティ株式会社を設立した。新たなAI(人工知能)ロボティクス商品・サービスの創出に向けた研究開発・事業化への取り組みを推進する。

新会社では、AIロボティクス商品・サービスのほか、自律型エンタテインメントロボット「aibo(アイボ)」、プロフェッショナル向けドローン「Airpeak、Sociable Cart(ソーシャブルカート): SC-1」、モビリティ向けサービスプラットフォームの開発・事業化などの事業も展開する予定だ。

また、AI(人工知能)やセンシング技術を活用し、安心・安全な移動の実現のため、タクシー会社各社と設立したS.RIDE株式会社へのサポートも継続する。

なお、これらの事業はこれまでソニーグループのAIロボティクスビジネスグループが手がけており、2022年9月までに新会社へ移管を目指すという。

ソニーモビリティ株式会社(Sony Mobility Inc.)【概要】

  • 所在地:東京都港区港南1-7-1
  • 資本金:1億円
  • 役員構成:代表取締役社長 兼 CEO 川西泉氏、取締役会長 吉田憲一郎氏、取締役 十時裕樹氏、監査役 是永浩利氏

>>ニュースリリース