ローカル5G×ロボット×AIを活用した医療インシデント削減の実証実験を開始

このエントリーをはてなブックマークに追加

国立大学法人群馬大学、東日本電信電話株式会社、株式会社ユヤマ、ウルシステムズ株式会社、PHC株式会社は2023年1月20日、実証実験を1月30日から開始すると発表した。これは群馬大学医学部附属病院にローカル5G環境を構築し、AI・薬剤自動認識装置を搭載した自立走行型ロボットによる、患者持参薬の確認および処方薬の配薬・服薬確認の実証実験だ。

薬剤に関連する医療インシデントは最大のリスク要因

少子高齢化や新型コロナウイルスの流行により、医師や看護師など医療現場における人手不足が深刻化している。また医療の高度化と複雑化に伴い、診療行為の確認漏れや情報伝達不足などによる医療インシデントのリスクも増大している。

特に薬剤に関連する医療インシデントは、医療インシデント全体の約4割を占め、最大のリスク要因と考えられている。これらの課題解決のため、薬剤関連業務をはじめとした、医療分野における業務のICT化やDX推進が急務となっている。

実証実験の概要

群馬大学医学部附属病院をフィールドとして、医療インシデントの原因となっている、薬剤の種類の増加に対応する「AI技術を用いた薬剤鑑別」の仕組みや、医療従事者が行っていた業務の「ロボット」への代替により、医療インシデントの低減や看護師・薬剤師などの稼働削減をめざすという。

過去の医療実証では「医師」から「患者」への遠隔医療により業務効率化をめざしたが、今回の実証では「ロボット」を介した「患者」への医療支援を目標とする、医療分野では類を見ない先進的な取り組みとのこと。

【特長】
・最新ローカル5G技術である分散アンテナ技術を採用
・複数台カメラによる撮影画像を、AIを用いてリアルタイム解析
・地域の薬局と連携した薬剤トレーサビリティスキームの確立

【実証期間】
2023年1月30日~2023年3月17日

>>ニュースリリース