「高精度過ぎる文章を作る」Microsoftが言語モデルGPT-3の独占的ライセンスを取得

このエントリーをはてなブックマークに追加


©Microsoft

「この言語モデルは危険すぎる」「新たなブレイクスルーだ」など多くの議論を生み、一躍注目された「OpenAI」が開発した言語モデル「GPT-3」の独占的ライセンスを、米Microsoftが取得した。

MicrosoftとOpenAIのコラボレーションに期待が高まる

Microsoftが2020年9月22日、OpenAIとの継続的なパートナーシップを拡大し、文章自動生成AI「GTP-3」の独占的ライセンスを取得したことを公式ブログで明らかにした。

MicrosoftのEVPであるケビン・スコット氏は公式ブログの中で、「GPT-3モデルによって解き放たれる商業的、創造的な可能性の範囲は非常に広く、本当に斬新な能力を持っています。文章生成のような分野で人間の創造性や創意工夫を直接支援したり、(コードを含む)長文データの大きなブロックを要約して記述したり、自然言語を別の言語に変換したりするなど、可能性は私たちが机上に持ち込むアイデアやシナリオによってのみ制限されます」と今後の期待について述べている。

GPT-3はまだまだ発展中の技術

「GPT-3」はSpaceXなどで有名なイーロン・マスク氏が共同会長を務める、米国の非営利研究団体「OpenAI」が開発した言語モデルである。あまりの高精度から「人にしかできないこと」が、機械にもできるようになるのではないかという期待が高まる。

2020年7月に技術者のマヌエル・アラオス氏が投稿したGPT-3に関するブログは、実は人間ではなくGPT-3が書いたものであることが話題を呼んだ。

さらに、カリフォルニア大学生のリアム・ポール氏はGPT-3を活用したブログサイトを立ち上げ、2週間で閲覧者は2万6000人、購読者数は60人を達成した。このなかで、「GPT-3を使っているのでは?」と見破った人はたったの1名だったという。

©Adolos

GPT-3のひとつ前のモデルであるGPT-2は画像生成の分野にも応用されている。

このように、言語モデルであると同時に膨大なパラメーターを備えたモデルであるため、多分野に応用可能であり注目されている。

その一方で、開発者側は「まだまだ不完全な部分も多く未熟であり、悪質なプロパガンダ作成に使われる危険性もある」と警鐘を鳴らす。

画像AIのブレイクスルーが起きてから今年で8年ほど、自然言語AIのブレイクスルーはもう始まっている。

>>米Microsoft公式ブログ 該当記事(英語)