最先端のテクノロジーソリューションが集まる「Microsoft Innovation Award 2018」のファイナリストが決定

このエントリーをはてなブックマークに追加

Ledge.aiもメディアスポンサーをしている「Microsoft Innovation Award 2018」。今年で11回目となる本アワードの、ファイナリストが決定しました。

「Microsoft Innovation Award 2018」とは

「テクノロジーによるイノベーション」をキーワードに、革新的なアイデアを形にした最先端のAI、IoT、MR、量子コンピューターなどのソリューションを表彰するアワードです。11年目となる今年は、4月16日(月)大崎ブライトコアホールにて開催されます。

>>詳細なタイムテーブルはこちら

当日はプロダクトのデモ体験も可能!

「Microsoft Innovation Award 2018」では、“製品またはプロトタイプが完成し、デモが可能なこと”が応募条件のひとつ。当日は一般参加者の方でもデモを体験できます。最先端のテクノロジーソリューションが生み出すプロダクト、ぜひ体験したいですね。

ファイナリストは全12企業。AI関連企業も

ファイナリストに選ばれたのは、以下の12企業。最終審査ではピッチがおこなわれます。

企業名
ソリューション概要
「株式会社アラヤ」「ニューラルネットワークの演算量削減・高速化技術」
高精度の深層学習のエッジ処理を実現
「株式会社エイシング」「エッジライトコンピューティングを実現する機械学習AI」
エッジコンピューティングを実現する独自AI
「MDR株式会社」「wildcat」
QaaS 応用量子計算プラットフォーム
「株式会社EmbodyMe」「Xpression」
AIで本物と区別がつかないフェイク映像を生成
「Origin Wireless Japan 株式会社」「Time Reversal Machine」
電波で空間を記述するセンサーレスIoT
「株式会社コージェントラボ」「Kaidoku」
NLUを用いた自然言語解析エンジン
「ストックマーク株式会社」 「Anews」
AIがチームに最適なWEBニュースを配信
「DVERSE Inc.」「SYMMETRY」
3DCADを利用したVR意思決定ツール
「株式会社データビークル」「Data Diver 」
「データサイエンスをみんなの手に」を実現
「メタルテック(非法人、個人プロジェクト)」「SongsLink」
音楽フレーズレコメンドウィジェット
「株式会社UsideU」「コラボロイド」
人・AI協働サービスシステム
「株式会社Liberaware」「LAPIS(Liberated Activation Platform for Information Strategy)」
Lapisによる新しいビジネス展開

やはり、というべきかAI関連の企業も入っていますね。イチ参加者としても楽しみです。

参加費は無料!

本イベントですが、参加費は無料ということで、お気軽に参加してみてはいかがでしょうか。

参加登録はこちらから

当日のデモの様子なども、Ledge.aiで発信していければと思っています。そちらもお楽しみに。