マイクロソフト「Visual Studio Code」用のPython機能拡張2021年2月版リリース、TensorBoardとの統合が可能に

このエントリーをはてなブックマークに追加

米マイクロソフト(Microsoft)は現地時間2月17日、2021年2月リリースの「Visual Studio Code(VS Code)」用Python機能拡張を提供開始したと発表。



今回のリリースでは、VS Codeと「TensorBoard」を統合した。TensorBoardは「PyTorch」と「TensorFlow」の開発者がデータセットとモデルトレーニングを可視化するのに役立つとうたうデータサイエンスコンパニオンダッシュボードだ。VS Codeに直接統合したTensorBoardを使用すると、モデルの予測を確認したり、モデルのアーキテクチャを表示したり、コードのプロファイルを作成してどこがもっとも遅いかを調べたりできる。

また、「Pylance」における「docstring」の読みやすさとフォーマットが大幅に改善した。numpyやpandasドキュメントのパラメータブロックなどインデントした領域、OpenCVのようなepydocフォーマットを使用するモジュールを持つdocstringなどを簡単に読めるとしている。そのほか、小さな機能強化に加え、ユーザーからの要望の多かった問題を修正したという。

Python拡張機能はマーケットプレイスからダウンロードするか、Visual Studio Codeの拡張機能ギャラリーから直接インストールできる。すでにPython拡張機能をインストールしている場合は、Visual Studio Codeを再起動することで、最新版にアップデート可能だ。



>>ニュースリリース(英語)

前回はPythonファイルのデバッグ時にもデータビューアをサポート可能に

なお、Ledge.ai編集部では、2021年1月リリースの「Visual Studio Code(VS Code)」用Python機能拡張についても報じている。前回のリリースでは、Pythonファイルのデバッグ時にもデータビューアをサポート可能になった。

そのほか、詳細が気になる人は以下の記事をチェックしてほしい。