マイクロソフト、2021年3月リリース「Visual Studio Code」用のPython機能拡張

このエントリーをはてなブックマークに追加

米マイクロソフト(Microsoft)は現地時間3月16日、2021年3月リリースの「Visual Studio Code(VS Code)」用Python機能拡張を提供開始したと発表。

今回のリリースでは、Python、Pylance、Jupyterの拡張機能のバグを修正した。Python Insiders向けに改善したJedi言語サーバーのサポートのプレビュー版も含まれる。

Jedi言語サーバーのサポートのプレビュー版は、JediをLanguage Server Protocol(LSP)に準拠するようにアップデートした。pylint、ctags、ropeをインストールする必要がなくなり、Python拡張機能がシンプルになったという。

Python拡張機能はマーケットプレイスからダウンロードするか、Visual Studio Codeの拡張機能ギャラリーから直接インストールできる。すでにPython拡張機能をインストールしている場合は、Visual Studio Codeを再起動することで、最新版にアップデート可能だ。

>>ニュースリリース(英語)

マイクロソフト「Visual Studio Code」用のPython機能拡張2021年2月版リリース、TensorBoardとの統合が可能に

なお、2021年1月リリースの「VS Code」用Python機能拡張では、VS Codeと「TensorBoard」を統合した。TensorBoardは「PyTorch」と「TensorFlow」の開発者がデータセットとモデルトレーニングを可視化するのに役立つとうたうデータサイエンスコンパニオンダッシュボードである。

そのほか、詳細が気になる人は以下の記事をチェックしてほしい。