中学生がノーコードでAI構築を学ぶプログラムを開発「AIを理解することはキャリア構築にも影響」三田国際学園ら

このエントリーをはてなブックマークに追加

東京都世田谷区にある私立学校の三田国際学園中学校と株式会社ヒューマノーム研究所は5月21日、初心者でも短時間で習得できるノーコードツール、データ解析・AI構築プラットフォーム「Humanome CatData(CatData)」を用いた教育プログラムを共同開発したと発表。三田国際学園中学校が他校に先駆け、本プログラムを導入する。

従来、中学校でのAI教育はハードルが高いとされてきた。現在の中学生はAIを使った製品やサービスが身近な社会を生きていくにもかかわらず、現行のカリキュラムでは実際にAIが作られる過程に触れることはまれと言える。

ヒューマノーム研究所は、小中学校で義務化が開始したプログラミング教育と本プログラムを「両輪の関係」と位置づける。本プログラムはCatDataを活用することで、プログラミング教育とは別にAI構築を体感し、技術的側面を学べる。プログラミングと並行してAIを学べるだけではなく、AIが活用される社会を中学生の段階から想像し、自身のキャリア設計につなげられるという。

形状による落下姿勢の違い。カエデの種子が落下する際に2つの回転モードを取ることを発見した。

本プログラムでは、三田国際学園中学校が実施した研究活動で得た知見をもとに、カエデの種子の形状と落下姿勢の関係についての実験と一部データを活用し、AI構築における「設計、実験、考察」について学習する。AI構築そのものだけではなく「ものづくり」「論理的思考」「創造力」「他者との協働」など、さまざまなスキルを向上できるとしている。

ヒューマノーム研究所は「これからのデジタル化社会を生きる中学生にとって、AIを深く理解することはキャリア構築にも大きく影響します。AIがさまざまな教科と融合する姿にふれることで『AIに仕事を奪われる』という言説のみにとらわれず『AIとともに社会を作る』という、より広い視野を中学生にもたらし、AIを利用したより良い社会構築にむけたマインドを構築できるのではないかと考えます」と述べる。

三田国際学園中学校とヒューマノーム研究所は本プログラムの教育効果を共同で検証する。キャリア教育や教材開発といった側面は三田国際学園、AI構築やデータ解析など計算科学的な側面はヒューマノーム研究所がそれぞれ評価・フィードバックをする予定という。

>>ニュースリリース