AIが顔がタイプの人を表示するマッチングアプリ 事前モニターで最大10万円がもらえる

このエントリーをはてなブックマークに追加


FACTO PTE. LTD.は9月24日から、「顔がタイプ」かつ「予定が合う」人だけを表示するとうたう、人工知能(AI)マッチングアプリ「MORY(モリー)」の事前テストモニターを募集する。本アプリは2020年11月に提供開始を予定しているという。

本アプリは自撮りするだけで、AIが自分の顔を好きな人だけを表示してくれる。

また、好きな顔のタイプを登録しておけば、AIが好みな異性だけを表示する。

さらに、直近3週間の予定を入れると、予定が合う異性だけ絞り込んで表示してくれる。

全員が1000円分のAmazonギフト券をもらえる

今回、募集しているテストモニターは、自宅で本アプリを実際に利用し、アンケートに答えるだけ。なお、顔写真の公開などは一切ないという。モニター終了後は本アプリを削除しても問題ないとのこと。

特典は、モニター後のWebアンケートに答えれば、全員が1000円分のAmazonギフト券をもらえる。実際に、アプリを通して恋人ができれば、10万円も入手できる。ただし、10万円がもらえるのは、先着5カップルまで(それぞれに各5万円ずつ渡すという)。

募集人数は200名を予定している。募集要項は「18~35歳の男女」「独身」「体験後、WEBアンケート(5分で完了)の協力をお願いできる人」「週に1度、指定の時間にアプリを触れる人(1時間程度/自宅でOK)※なお、平日の夜19時~23時の間のいずれかを予定しており、時間は選択できる」

事前モニターの流れは、LINEに友達登録し、事前モニターに参加応募。当選通知は10月中旬を予定している。モニター期間中は、1週間に1回1時間程度、自宅でアプリを利用する(10月中旬~11月中旬の1カ月を予定)。Webアンケートに回答(5分で完了)する。

>>ニュースリリース

デート受諾率を8倍にするアプリAill「自分が欲しいサービスを作った(笑)」

Aillを手がけた株式会社AILLの代表取締役である豊嶋千奈さん

AIを活用した恋愛関連サービスは少なくない。

たとえば、株式会社AILLは8月3日から、世界初とうたう人工知能(AI)を活用する恋愛ナビゲーションアプリ「Aill(エール)」の事前登録を関東圏を中心に開始した。

AillはAIを活用し、紹介ナビゲーション/会話ナビゲーション/好感度ナビゲーションという3つのナビゲーションを利用者に提供。男女のコミュニケーションのすれ違いを緩和し、出会った後の関係進展をアシストする。

実際、2019年11月〜2020年3月までにトライアルを実施すると、チャット開通後1カ月以内でのデートへの進展率が、AIナビゲーションがない場合に比べ、8.3%から32.8%と4倍に。デートに誘った場合の受諾率もAIナビゲーションがない場合に比べ、10.3%から88.0%と8倍を達成した。

Ledge.ai編集部では、そんな驚異的な数字を成し遂げるAillを手がけた、株式会社AILLの代表取締役である豊嶋千奈さんに「なぜこのサービスを開発したのか?」「具体的にどのようにアシストしてくれるのか?」など、質問をぶつけてみた。気になる人は以下の記事をチェックしてほしい。