三菱UFJ銀行、3億ページ以上の書類をAIがデータ化 ホッチキス外しも自動で

このエントリーをはてなブックマークに追加


画像はRipcord社のロボット

株式会社三菱UFJ銀行は7月22日、米国スタートアップ企業Ripcord, Inc.が開発するロボット・AI技術を基盤としたサービスの導入決定を発表した。

本取り組みの目的は、印鑑票をはじめとする三菱UFJ銀行内で保管されている紙書類の電子化だ。印鑑票とは、届出印影、口座番号、氏名および住所などの情報を記載した、顧客との取引において基本となる書類のひとつ。本人確認など、銀行における取引や事務で使用される。

>> プレスリリース

3億ページ以上の紙の印鑑票を電子化、ホッチキス外しはロボットで

銀行取引の多くは、申込書や契約書などの紙書類を用いている。これは取引の内容や事情に応じ、書類に記載されている内容や筆跡などを確認するからだ。しかし、紙書類は遠隔地に所在する倉庫に保管していた。そのため、三菱UFJ銀行では印鑑票の内容確認などにおいて、非効率が生じていた。

そこで、三菱UFJ銀行はRipcord社のロボットやAI技術を活用し、2021年からすべての印鑑票の電子化を目指す。Ripcord社のソリューションを活用することで、紙のサイズに応じた分類や、ホッチキスの取り外しなど、作業の大半を自動かつ高速で処理できる。そのため、多くの人手と時間をかけずに紙書類を電子化が可能だ。

紙書類を電子化することで三菱UFJ銀行の従業員は、電子化されたすべての印鑑票の画像を、場所による制約を受けずに各自の業務用端末から即時確認できるようになる。これにより、業務の効率化を実現していく。あわせて、店舗での待ち時間が短縮されるなど、顧客にとっても利便性の向上に寄与する。

>> プレスリリース

住宅ローンの審査、AIが最短1分で みずほ銀行

書類の電子化においてAIを活用する例は少なくないが、みずほ銀行では住宅ローンの審査においてAIを使っている。

株式会社みずほ銀行は2020年3月23日、AIを活用したネット住宅ローンの簡単診断「みずほ AI事前診断」の開始を発表した。

画像はみずほ銀行のプレスリリースより

インターネットで取り扱う住宅ローンでは、正式審査の前に事前審査の申し込みが必要になる。ただ、事前審査の結果が出るのにも2、3日程度かかっていた。そのため、住宅ローンを申し込んだ銀行で事前審査がとおらなかったとき、ほかの銀行に改めて申し込む必要がある。つまり、借入先が決まるまでに何日もかかる、というケースが発生することもあった。

みずほ AI事前診断を使うことで、住宅ローンの正式審査の前に申し込む事前審査を24時間いつでも利用できる。必要書類がそろっていなかったり、条件が確定していなかったりしても使える。さらには、みずほ銀行の口座をもっていなくても利用可能なのも特徴のひとつ。また、一度診断すれば、条件を何度変更しても事前診断を使える。もちろん、正式審査に進むこともできる。