武蔵野大学大学院、データサイエンス研究科を開設 世界で活躍するトップクラスの人材育成目指す

このエントリーをはてなブックマークに追加

武蔵野大学大学院は4月1日、2019年に開設した私立大学として初のデータサイエンス学部に続き、13番目の研究科となるデータサイエンス研究科(修士課程)を有明キャンパス(東京都江東区)に開設した。

今回、新たに開設したデータサイエンス研究科では「データサイエンス技術」「データサイエンス応用」「ソーシャルイノベーション」を主要3基軸とし、8つの研究プロジェクトを設定する。

具体的には、データサイエンス分野の広がりと深みを学び、分野横断的な方法論の形成による提言・問題解決・研究発信ができる能力を培うために「基盤科目」と「専門科目」を用意した。また、国際的な大学・研究機関と連携したインターンシップをする「専門実践科目」と、分野横断型の研究ができる「研究指導科目」を初学年から配置し、最先端の実践的研究を学ぶカリキュラムを構成したとしている。

同研究科で育成する人材については「時代の変化を先導する国際的なリーダーとなる人材」「国際的なイノベーションを実現するデータサイエンスプロフェッショナル」「日本政府が掲げる『AI戦略2019』に基づき、世界で活躍するレベルの人材、特にトップクラスの人材」と言及している。

学部長および研究科長には、元・慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科委員長の清木康氏が就任した。なお、2022年には同研究科博士後期課程を設置構想中としている。

【データサイエンス研究科(修士課程)概要】
・入学定員:10名
・授与する学位:修士(データサイエンス学)
・開設日:2021年4月1日
・開設場所:武蔵野大学有明キャンパス(東京都江東区有明3丁目3番3号)

【データサイエンス研究科(博士後期課程)概要 ※設置構想中】
・名称:データサイエンス研究科(博士後期課程)
・入学定員:3名
・授与する学位:博士(データサイエンス学)
・開設日:2022年4月1日
・開設場所:武蔵野大学有明キャンパス(東京都江東区有明3丁目3番3号)
(※博士後期課程の概要・計画などは予定であり、今後変更する場合もあるという)

>>ニュースリリース

武蔵野大学、AI・データサイエンス基礎を4月から開始 文系も必修科目に

武蔵野大学は同じく4月から、理系・文系を問わず全学生が1年次に「基礎的なAI・データサイエンス」「SDGs」などに関する科目を、必修科目として学ぶ教養教育プログラム「武蔵野INITIAL(イニシアル)」を開始した。

具体的には、全学生を対象に新たに「AI」「データサイエンス」「プログラミング」に関する科目、および「SDGs」を必修科目として追加した。これにより、主専攻とAIを融合し、今までになかったアイデア、新しい価値を生み出せる人材を育成するという。

そのほか、詳細は以下の記事をチェックしてほしい。