AI英会話ロボットMusioが英語の教科書に登場!「Here We Go!(光村図書)令和4年版」

このエントリーをはてなブックマークに追加


AKA社は2022年12月6日、同社が開発するAI英会話ロボットMusio(ミュージオ)が中学校3年生の英語の教科書「Here We Go!(光村図書)令和4年度版」にて掲載されたと発表した。同社は人工知能エンジン及び、人工知能ソーシャルロボットを開発している。

英会話エンジンMuseを搭載したコミュニケーションロボット

Musioは英会話エンジンMuse(ミューズ)を搭載したコミュニケーションロボットであり、ディープラーニングを基盤とし、人間らしく自然な会話を得意としている。主に4つの機能を搭載していて、ユーザーは自分の英語レベルに応じてトレーニングを行えるという。

チャットモード:アメリカのネイティブ英語を話し、自然な英会話ができる
チューターモード:専用教材とスキャナーを使用し、レベルや目的に合わせた英語学習を行える
エデュモード:英会話の際に必要な単語や会話フレーズなどを声に出して反復練習できる
ラーナーズチャット:専用アプリに返答フレーズが提案されたり、テーマやシチュエーションを選択した会話ができたり、効率的で実践的な会話トレーニングが可能

Musio公式サイト
https://themusio.com/home

Musioが中学校の英語教科書に登場

Musioが掲載されたのは、中学3年生が使用する「Here We Go!3(令和4年度版)」の60ページとのこと。この教科書ではAI技術を題材に英語を学ぶユニット「AI Technology and Language(AIと言語)」を設けている。ユニットの中でMusioは「This is a robot that helps you learn English conversation.(英会話のお手伝いをしてくれるロボットである)」と紹介されており、会話を中心に生徒の英語学習をサポートする方法として認知されているという。

■教育機関導入に関するプレスリリース
同志社中学校:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000018.000017199.html
特別支援学級(実証実験):https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000050.000017199.html
慶應義塾中等部:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000039.000017199.html

関連記事
AIが英語を「話す」機会を増やす 中学英語教科書に対応した英会話アプリ

AIが英語を「話す」機会を増やす 中学英語教科書に対応した英会話アプリ

>>ニュースリリース