ITエンジニアは539.3万円で2位 未経験者比率は最少、職種別の正社員の平均初年度年収

このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社マイナビが8月23日に発表した「2021年7月度 正社員の平均初年度年収推移レポート」では、職種別での平均初年度年収は「ITエンジニア」が539.3万円で、2位だったと明らかになった。

「ITエンジニア」は職種別での経験者求人の比率は74.8%、未経験者求人の比率は25.2%で最少だった。

「コンサルタント・金融・不動産専門職」が557.7万円で最多

職種別での平均初年度年収は「コンサルタント・金融・不動産専門職」が557.7万円で最多。「ITエンジニア」は539.3万円、「建築・土木」は507.8万円だった。

職種別での経験者求人の比率は「ITエンジニア」が74.8%で最多。「Web・インターネット・ゲーム」は66.9%、「電気・電子・機械・半導体」は53.1%だった。

7月の全国平均初年度年収は455.2万円

そのほか、7月の全国平均初年度年収は455.2万円(前月454.3万円、前年同月455.8万円)で、前月から0.2%(0.9万円)の増加、前年同月から0.1%(0.6万円)減少した。

経験者求人の割合は37.3%で前月比0.6%減、前年同月比0.3%増となった。

業種別での平均初年度年収は「コンサルティング」が516.1万円で最多。「IT・通信・インターネット」は504.2万円、「不動産・建設・設備」は483.9万円だった。

業種別での経験者求人の比率は「IT・通信・インターネット」が64.3%で最多。「メーカー」は42.9%、「金融・保険」は37.1%だった。

2021年7月度 正社員の平均初年度年収推移レポート【概要】

  • 調査期間:2021年7月1日(木)~2021年7月31日(土)
  • 集計対象データ:該当月に、総合転職情報サイト「マイナビ転職」に掲載開始された求人情報から、下記除外対象データを除き集計
  • ※除外対象:雇用形態が正社員以外
  • ※厚生労働省「国民生活基礎調査 所得の分布状況」を元に、所得金額上側1%を本レポートでは外れ値として設定
  • 初年度年収の計算方法:マイナビ転職では、初年度年収は求人ごとに幅をもって記載している。本レポートでは各求人に掲載された初年度年収の下限と上限の中間の値を平均値として「初年度年収」を算出した。(例:マイナビ転職上で初年度年収が400万~550万円だった場合、本レポート上の1案件あたりの初年度年収は475万円と計算している)
  • 未経験者・経験者募集求人の区分方法:マイナビ転職内で設定されたコードにもとづき、「未経験者募集求人は職種・業種ともに未経験OKの求人 経験者募集求人は職種・業種いずれか、または両方の経験を問う求人」
  • 本社所在地設定方法:マイナビ転職の求人内において、本社窓口として設定された県をもとにエリア区分した(不明分を除く)
  • 集計対象エリア:全国47都道府県

>>ニュースリリース