マイナンバーカードの顔認証ソフトウェアを作ったのはあの音楽再生ソフトの会社だった

このエントリーをはてなブックマークに追加


※画像はマイナンバーカードの健康保険証利用 「マイナンバーカードで受付!」編 【テツandトモ】より

リアルネットワークス株式会社は、医療機関・薬局向けの顔認証マイナンバーカードリーダーに同社のAI顔認証ソフトウェア「SAFR」(セイファー)が採用されたと発表した。患者自身が読み取り機にマイナンバーカードを置くと、カード内の写真データとリーダー(読取り機)のカメラで顔認証による本人確認ができる。

マイナンバーカードの健康保険証利用は、10月20日から本格開始する。一部の医療機関・薬局などでの受付時、窓口に置かれる「顔認証付きカードリーダー」にマイナンバーカードを置き、暗証番号もしくは顔認証で本人確認を開始。薬剤情報の閲覧・特定健診情報の閲覧の同意を確認すると、受付が完了するという。

現在は「マイナ受付」のステッカーやポスターが貼ってある医療機関・薬局で利用できるとのことで、10月17日時点で全国1万件超の病院やクリニック、薬局が対応予定。詳細は厚生労働省のホームページで確認できる。

>>マイナンバーカードの健康保険証利用対応の医療機関・薬局についてのお知らせ(国民向け) | 厚生労働省

SAFRは、約0.1秒の認証で精度99.87%(マスク着用時でも認証精度約99.5%)を誇るAI顔認証だ。同顔認証システムを使うことで、非接触で感染リスクを低減し、医療現場の業務負担軽減にも貢献する。加えて、患者本人の同意を得た上で取得した情報を、医療・調剤システムと連携させることも可能だという。

またSAFRはカードリーダーだけでなく自動改札・入退出ゲート、迷子検索や徘徊の見守り(ウォッチリスト)、店舗やデジタルサイネージなどでの属性分析(デモグラフィック分析)など、幅広い用途に活用できるとのことだ。

なお、SAFRを開発したリアルネットワークスは、1995年に音楽再生ソフトウェア「RealPlayer」を開発している。リリースによると同社は「長年の動画再生技術を元にSAFRを開発し、コロナ禍で顔認証の市場が急速に拡大する中、SAFRをコアの技術として多くのチャレンジを推進」しているという。

>>プレスリリース