実践的なAIカリキュラムで学べるiLect、オンライン講座開始

このエントリーをはてなブックマークに追加


東大発のAI人材育成サービスを提供するNABLAS株式会社は4月15日、これまで提供していた対面形式の講座にくわえ、オンラインで受講できる「iLect ON」の開始を発表した。

iLectでは学習効果が高いとされる対面形式の教室型講座を中心に、実践的なAI人材育成のプログラムを提供していた。今回新たに開始するiLect ONでは、教室型の講座で培ってきた教育メソッドを生かしつつ、自宅からオンラインで受講が可能になる。

オンライン受講者のPC画面の様子

聞き逃した部分を巻き戻し再生できるのがオンラインの強み

iLect ONは、これまでのiLect同様にAI人材育成を目的としたプログラムだ。オンライン受講が可能になったことで、少人数で集まって受講することや、自宅や自分のデスクなどから単独での受講も可能だ。

また、iLect ONは通常のオンライン講座と異なり、講座開催日時にオンライン上に受講者が集合して講義をする。そのため、受講者は同じタイミングで同じトピックを学習する。

受講中にわからない部分があったとき、巻き戻し再生が可能なのもiLect ONの特徴だ。ライブ配信では聞き逃した部分や説明が難しかった点などを、その場ですぐに確認できる。さらには、講座後には配信された動画を視聴できるため、復習のために何度でも勉強できる。これは、講座開催日に参加できなかった場合でも利用できるので、多くの人に影響を与えるメリットだ。

iLect ONの講師陣は、東大発のAI人材育成サービスということもあり、東京大学大学院などで先端的な講義を担当してきた人や、長年AI研究開発のフロントラインで実際にプロジェクトをリードしてきたエンジニアなど。

あわせて、iLect ONは「実践的なAI人材育成」とうたっているだけあり、実際の大規模データセットを利用してAIのモデルを構築・学習させる演習を通じて、実践的なテクニックが学べるように設計されている。

そして、演習で使用するプログラミング環境は、講座開始前にNABLASが環境構築や教材をすべて用意するため、受講者はブラウザ上でログインするだけですぐに学習を開始できる。授業でわからない部分があった際などには、オンライン上で待機しているスタッフがリアルタイムでサポートしてくれる。

実際に受講できる講座などについては、iLectの公式サイトで確認してほしい。

ブラウザ経由でiLectへログインすればすぐに学習を開始できる

実践的な演習コンテンツを用意されているのが特徴だ

iLectシステム上で課題を提出し、受講者同士で得点を競い、楽しみながら技術を習得できる

>> iLect 公式サイト
>> プレスリリース

コミュニティによるつながりで情報や知識、技術を取り入れる

今回、iLect ONを開始するNABLASは、2020年3月6日にAIに関する講座や研究会などを開催するためのコミュニティの拠点施設「iLect Studio(アイレクトスタジオ)」をオープンした。

iLect Studioでは、AI教室「iLect Academy」を中心に、各種勉強会やミートアップ、プログラミングスクールなどを開催している。
※2020年4月15日現在、新型コロナウイルスの影響により対面講座を見合わせており、参加者はオンラインでのみ講座を受講できる

AI技術は日々進化している。その進化スピードが速いため、コミュニティとのつながりによって新しい情報や知識、技術を取り入れることが重要になりつつある。そのためNABLASは、固定型の教室施設としてiLect Studioをオープンした。

受講者同士の懇談や休憩を目的とした多目的スペース「iLect Commons」も併設

AI人材育成講座の実施だけでなく勉強会やミートアップの開催、コミュニティの運営場所としての活用を計画している。iLect StudioをAI人材と技術の集まるハブ拠点にすることが狙いだ。

運営しているNABLASは、東京大学発のAI研究所だ。AI人材教育、育成機関、最先端のAI技術、とくにDeep Learning(ディープラーニング)技術を活用したソリューションを提供している。

東京大学松尾研究室やNABLASで開発したAI人材教育コンテンツと、その学習環境である高度な仮想化技術を利用した独自開発のGPU環境をWebブラウザ上から提供し、機械学習やディープラーニングを学ぶことに特化した学習プログラム及び学習プラットフォームの構築で、iLect Studioオープンにあたっては大きな注目を集めた。