東大・松尾研究室発のiLectが新たにAI総合研究所「NABLAS」として始動

このエントリーをはてなブックマークに追加

東京大学松尾研究室発、AI人材育成およびAI用科学計算クラウドサービスを提供していたiLect株式会社が、AI総合研究所「NABLAS」に社名を変更し、始動するとのこと。これまでおこなってきたAI人材育成のみならず、コンサルティング・研究開発へも活動を拡大していくといいます。

社名変更後もiLectブランドは継続。コンサルティング事業とも連携しさらなるAI実装を推進

iLect株式会社はもともと以下のサービスを提供しており、松尾研が開発したAI教育コンテンツを、大学から正式にライセンスを受けて提供している唯一の事業者です。社名変更後も「iLect」ブランドは継続するそう。

  • 「iLect Edu」
    AI人材育成向けソリューション

  • 「iLect Pro」
    プロフェッショナルのデータサイエンティスト・AI研究者向けソリューション

  • 「iLect Enterprise」
    企業内・プライベートクラウド向けソリューション

また、ディープラーニングを活用し、AI導入時のコンサルティングやR&Dもおこない、AI人材育成プログラムと統合し、AIの導入支援を強力に推し進めるとしています。

人が人らしく生きられる社会の実現を目指す

代表に就任した東京大学松尾研究室リサーチディレクターの中山浩太郎氏は、以下のようにコメント。

――中山
「前身のiLect株式会社では、最先端のAI技術が使える人材を育成する活動を中心に行ってきましたが、その中で強く感じたことは、人材を育成するだけでは十分ではなく、技術と人をつなげ問題解決によりダイレクトにアドレスすることこそが今まさに社会に必要とされているということでした。そのような中、NABLASはAI分野における人材育成・研究開発・コンサルティングの活動を通じて、人が人らしく生きられる社会の実現に貢献していきたいと考えています。」

東京大学がある本郷には、松尾研究室から輩出されたスタートアップを中心として、AI系の企業が続々と集まっており、「本郷バレー」とも呼ばれるほどに。NABLASも松尾研究室発ということで、AIのメッカとしての本郷がさらに熱を帯びてきます。

Ledge.aiでも引き続きNABLASを追っていきます。

Source:東大・松尾研発のAI総合研究所「NABLAS」始動