NEC、要支援・要介護者と訪問看護師をAIでマッチングする実証実験を岡山市で開始

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本電気株式会社(以下、NEC)は、岡山市のスタートアップ企業の株式会社Cone・Xi(コネクシー)と共同で、要支援・要介護者と訪問看護師をAIでマッチングするシステムの実証実験を本年9月下旬から岡山市内で開始する。ケアマネージャー(介護支援専門員)の負担削減をねらう。

ケアマネージャーは要支援・要介護者が適切な介護サービスなどを利用できるよう、事業者との連絡調整をする専門職だ。介護保険の申請、ケアプラン(介護計画書)の作成・見直しなど幅広い対応が求められるが、特に訪問看護師の割り当ては負担が大きい。割り当てるときに看護師の所属する事業所に個別に電話するだけでなく、希望時間帯に対応できる複数の訪問看護師を見つけなければならない。

また事業所も、ケアマネジャーと日々連携しながら訪問看護師を効率的に調整・割り当てる必要があり、個々の訪問看護師の対応可能な業務内容、空き状況、訪問エリアなどの情報を効率的かつタイムリーに管理・発信する仕組みが求められている。

本実証実験では、約50名のケアマネジャーが担当する訪問ケア希望の要支援・要介護者と、岡山市内の訪問看護ステーション約20事業所に所属する訪問看護師をマッチングするシステムを検証する。
画像はプレスリリースより

ケアマネジャーが登録した要支援・要介護者の情報(必要なケア、希望日程、住居エリアなど)と、訪問看護師が登録した情報(専門分野、対応可能なケア、空き状況、訪問エリアなど)を本システムで分析し、適切な訪問看護師の候補者一覧をケアマネジャーに提示するという。

これによってケアマネジャーの事業所・訪問看護師探しを効率化するだけでなく、訪問看護ステーションもケアマネジャーとのやり取り回数が減り、要介護者のケアなど本来の業務に充てられる時間が増える。

訪問看護師の人材不足が深刻化する中、地域の訪問看護資源を有効活用し、要支援・要介護者の生活の質の向上に貢献するという。

本実証実験では役割分担NECがシステム構築・運用、Cone・Xiが実証体制構築、カスタマーサポートを担う。今後も両社は訪問介護士などのマッチングのほか、ICTを活用した情報基盤を構築していくとのことだ。

>>プレスリリース