NEC、AIで盲導犬の健康を管理 ストレスチェックや健康状態の予測が可能に

このエントリーをはてなブックマークに追加

画像は「PLUS CYCLE」を首輪に装着した盲導犬候補の様子

日本電気株式会社(NEC)は12月14日、日本動物高度医療センター、関西盲導犬協会、京都市獣医師会と連携して、盲導犬の先進的な健康管理を目指した取り組みを開始したと発表した。

三軸加速度センサーと気圧センサーを備えた日本動物高度医療センターの犬猫用活動量計「PLUS CYCLE(プラスサイクル)」を訓練センターに入所した盲導犬候補となる犬の首輪に装着し、初期訓練期間の6週間で収集した各種データをNECの最先端AI技術群「NEC the WISE」で分析する。

収集するデータは、センサーで得られる活動量・ジャンプ回数・睡眠時間などの活動データに加え、訓練センター入所時に京都市獣医師会が実施する健康診断・診療結果や、訓練士が毎日実施する所見のデータなどの診察データ。

これらを分析することで、従来は難しかったストレスチェック・運動量の変化・性格の変化、健康状態の予測などきめ細かい健康管理ができるという。

将来的には、一頭ごとの訓練情報と健康管理情報を突き合わせ、盲導犬の適性がある犬の共通特性を把握することで、盲導犬の育成プロセス改善への活用を目指す。

分析データ

盲導犬になるためには、温厚や攻撃性がないといった性格面での適性判断に加え、訓練センターでの訓練や健康チェックに関する厳格な評価に合格しなければならず、最終的に盲導犬となれるのは全体のわずか3〜4割と言われている。

盲導犬に向かないと判断された場合はキャリアチェンジし、一般家庭へ譲渡されるか介助犬やセラピードッグとして活動するという。

NECと日本動物高度医療センター、関西盲導犬協会、京都市獣医師会は今後、初期訓練期間だけでなく、盲導犬候補の誕生から盲導犬になった後までAIを活用した健康管理の充実を図るとともに、盲導犬と盲導犬ユーザーのさらなるウェルビーイング向上に向け、盲導犬とともに人の幸せを目指す、共生できる社会の実現を目指すとしている。

>>ニュースリリース