SONY、深層学習プログラムを生成する「Neural Network Console スターターパック」でAI活用を加速化

このエントリーをはてなブックマークに追加


AI開発の常識をぶっ壊すと話題になった、ディープラーニング(深層学習)のプログラム生成を可能にする統合開発環境「Neural Network Console」のスターターパックが9月18日に提供開始されました。

Neural Network Consoleが習得できる研修とテクニカルサポート、クラウド版サービスの利用料金がセットになった法人向けパッケージサービスで、我々のAI開発はどう変わるのでしょうか?

GUIベースの直観的なUI、本格的なAI開発を実現

2017年6月のディープラーニング開発のためのコアライブラリ「Neural Network Libraries」をオープンソース化して以降、

  • 2017年8月コンソールソフトウェア「Neural Network Console」の無償提供
  • 2018年5月複数GPUによる高速学習サービス「Neural Network Console クラウド版」の提供

と、確固たる存在感を見せるソニー。

今回提供されるのは、Neural Network Consoleが習得できる研修とテクニカルサポート、クラウド版サービスの利用料金がセットになった「Neural Network Console スターターパック」。

  • ディープラーニングの活用を検討したい
  • AI分野の人材育成をはじめたい

法人事業者のニーズに答える形でリリースされています。

プログラムを書かずして、初めてディープラーニングに触れる人でも使えるNeural Network Console法人向けパッケージは、企業におけるAI導入・開発ハードルを下げ、AI利活用の加速化が期待されます。

基礎からハンズオントレーニングまで。ゼロからAIの習得を実現

私は、10年以上機械学習の分野で研究をしてきましたが、 “ディープラーニングほど簡単で、すぐに習得できる機械学習技術は初めて” です」と語るのは、ソニー株式会社 シニアマシンラーニングリサーチャー、小林氏。

ゼロからの習得も十分可能” と言う、小林氏の言葉の裏にあるのが「Neural Network Console」です。

そのNeural Network Console スターターパックで特長的なのは、

  • 研修
  • テクニカルサポート
  • 「Neural Network Console クラウド版」の利用料金

がセットになっている点です。

AIの知識がなくても、ディープラーニングの基礎から「Neural Network Console」のハンズオントレーニングまで、指定の会場に講師が訪問して研修を実施する手厚さ。さらに、会場の準備が難しい場合は研修会場も用意されます。

プログラムの費用感や内容はざっくりと以下ですが、ゼロからAI開発を学べて、手厚いサポートまで付いている、申し分ない内訳ではないでしょうか。

スターターパックライトコーススタンダードコース
パッケージ料金(税抜)198,000円498,000円
研修4時間
定員5名
8時間
定員5名
テクニカルサポート一定質問回数一定質問回数
クラウド利用権高速GPU約70時間相当高速GPU約200時間相当

社会のAI普及を目指したAI環境整備

Neural Network Console スターターパックは、社会におけるAI普及を目指した、AI環境整備の一環として実施された施策だと言います。

今後さらに期待される、企業におけるAI導入・利活用を、高度なプログラミングをより効率的に実現するニーズに対応した形でリリースされた「Neural Network Console スターターパック」が、日本社会のAI化にどれほどのインパクトを与えるのか。

「AI導入を考えてはいるが、一歩を踏み出せない・・・」 なんて言葉は、もはや言い訳にしかなりません。ここまでハードルが低くなっているAI開発、まず最初にするべきことは、”とりあえず試してみる“ことではないでしょうか?


Source:人工知能(AI)を実現するディープラーニング(深層学習)の統合開発環境「Neural Network Console スターターパック」を提供開始