虫歯の要因は「両親の虫歯の有無」が1位、「現在の歯磨き回数」は因果関係確認できず AI活用で調査

このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社NEXERは、男女3000人を対象にした「虫歯の要因」に関する調査結果を発表した。本調査ではAI(機械学習)を活用し、虫歯になりやすい行動・要因を分析している。アンケートの実施期間は6月10日〜6月21日。

本調査では、「両親の虫歯の有無」や「子どもの頃の歯磨き回数」などが虫歯の発生に大きく影響していることがわかった。一方で、「現在の歯磨き回数」や「歯間ブラシやデンタルフロスの使用有無」といった、健康な歯のための努力と虫歯の発生の間には相関関係を確認できなかった。

事前調査で虫歯の本数に応じてグループ分け 11本以上は「虫歯にとてもなりやすい」

本調査では、事前調査として「今まで何本の歯を虫歯治療しましたか?(同じ歯を複数回治療しても1本とカウント)」と聞き、虫歯の本数に応じてグループに分けた。

具体的には、「11本以上」は「虫歯にとてもなりやすい」、「7本~8本」「9本~10本」は「虫歯になりやすい」、「3本~4本」「5本~6本」は「虫歯になりにくい」、「虫歯になったことがない」「1本~2本」は「虫歯にほとんどならない」に区分した。

次に、現在の虫歯の本数と、虫歯に関連しそうな行動や要因についてアンケート調査を実施。アンケートから得られた3000人のデータをもとに、AIを使用して分析した。ランキングはAIの線型モデルで算出した寄与スコア(最小マイナス100、最大100)によって順位を付けている。

AIが分析した虫歯発生に影響を与える行動・要因のランキングは以下の通り。

第1位 両親の虫歯の有無 虫歯菌をほとんど持っていない親の子どもは虫歯になりにくい

第1位は「両親の虫歯の有無」だった。

「両親の虫歯の有無を教えてください」という質問に対し、「両親ともに虫歯はない」と回答した人は虫歯にほとんどならないグループへの寄与スコアが84.9ポイントと圧倒的に高い数値だった。

虫歯は虫歯菌によって発生するものだが、実は生まれたばかりの赤ちゃんは虫歯菌を持っておらず親などから感染するものと言われている。虫歯菌をほとんど持っていない親の場合は、子どもも虫歯になりにくいと分析できる。

第2位 子どもの頃の歯磨き回数 乳歯や生え変わったばかりの永久歯は虫歯が進行しやすい

第2位は「子どもの頃の歯磨き回数」だった。

「子どもの頃、1日に平均何回歯磨きをしていましたか?」という質問に対し、「3回」「4回以上」と回答した人は虫歯にほとんどならないグループへの寄与スコアが45.7ポイントだった。

乳歯や生え変わったばかりの永久歯は大人の歯よりもやわらかく、虫歯がどんどん進行してしまう。子どもの頃に歯磨きを怠ると、治療が必要なまでに虫歯が進行してしまうという。また子どもは大人に比べて1度の食事量が少なく、間食の頻度が高くなり口の中に糖分がある時間が長くなるため、虫歯になりやすいと考えられる。

一方で、今回のアンケート結果では現在の歯磨き回数と虫歯の本数には相関関係を発見できなかった。

第3位 甘いものを食べる頻度 口の中にある糖分が虫歯の要因に

第3位は「甘い食べ物を食べる頻度」だった。

「普段、朝昼晩の三色以外に糖分が多く含まれている物(甘いお菓子など)をどれくらいの頻度で食べますか?」という質問に対し、「甘い食べ物(お菓子など)をほとんど食べない」と回答した人は虫歯にほとんどならないグループへの寄与スコアが37.0ポイントだった。

虫歯のメカニズムは、虫歯菌が糖分をエサとして酸を出し、酸が歯を溶かしていくというものだ。そのため、口の中に糖分があると虫歯になりやすいという。

第4位 甘い飲み物を飲む頻度

第4位は「甘い飲み物を飲む頻度」だった。

「普段、糖分が多く含まれている飲み物をどれくらいの頻度で飲みますか?」という質問に対し、「ほとんど飲まない」と回答した人は虫歯にほとんどならないグループへの寄与スコアが18.2ポイントだった。一方で、「1日に3回以上」と回答した人は虫歯にとてもなりやすいグループへの寄与スコアが31.9ポイントと高い。

糖分が多く含まれている飲み物が虫歯に影響を与える理由は「甘い食べ物を食べる頻度」と同様に、口の中に糖分があると虫歯になりやすいからだという。

なお、寄与スコアが高くなかったものや、関連性を確認できなかった行動・要因としては「1日に歯磨きをする回数」「歯間ブラシやデンタルフロスの使用有無」「マウスウォッシュの使用有無」「タバコの喫煙有無」が挙げられる。

>>ニュースリリース

>>ホワイトニングノート 該当記事