AIによる一貫した栽培管理へ!各種データから作物の生育状況を評価する研究農場

このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社ニチリウ永瀬は2022年11月10日、「welzo研究農場」(福岡市西区今津)の落成式を行った。同社は食・農業を通して、持続可能な社会と人々の暮しを豊かにする商品やサービスを提供する、農業資材・家庭園芸用品・飼肥料原料を中心に取り扱う専門商社。BtoBを中心とし、国内に18拠点を置く。

高性能カメラや各環境測定機器からのデータで作物の生育状況を評価

同研究農場は敷地面積約1000坪の中にビニールハウスを5棟構え、施設内に設置した高性能カメラや各環境測定機器から得られるデータで日々作物の生育状況を評価。今後は蓄積したデータをもとに植物の生育にとって最適な環境条件(温度や湿度など)や栄養条件(水や肥料など)を導き出し、最終的にはAIによる一貫した栽培管理を行うことを目的としているという。

現在は九州大学とともに「キュウリの自動栽培システム(50t/反)」の開発に着手しており、今後は施設園芸全般の作物を対象にしたスマート農法及び資材の開発を進めながら、農場周辺地域の発展に寄与したいとのこと。

■共同研究の概要
「低コストで収量を倍増させるキュウリの自動栽培システムの開発」
AIがキュウリの収穫量を減少させる要因を早期に特定し、自動で空調管理、施肥、水やりを行うシステムを開発。現在普及しているビニールハウスに低コストで設置することが可能で、収穫量を現在の平均反収より倍増(50t/10a以上)させることが目標。
期間 令和4年4月1日~
令和5年度にはAIへのラーニングを開始し、自社システムの開発に着手していくとのこと。

落成式ではテープカットやキュウリの試食会を実施

落成式には、共同研究者である九州大学大学院農学研究院農業生産システム設計学岡安教授などの大学関係者や行政関係者、農場周辺の地域住人が列席。施設内見学や社員との懇談を行った。また、セレモニーとしてテープカットの実施や、収穫したキュウリの試食会を実施したという。

■株式会社ニチリウ永瀬
https://www.nichiryunagase.co.jp/

>>ニュースリリース