Audiostockの音声データを使ってディープラーニングに挑戦。AI開発コンテスト「Neural Network Console Challenge」参加者募集開始

このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社レッジは、ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社の技術協力のもと、企業データを用いてディープラーニングに挑むAI開発コンテスト「Neural Network Console Challenge sponsored by Audiostock(NNC-Challenge)」を2020年9月16日(水)から2020年10月19日(月)の期間で開催する。

Audiostockの10,000点の音声データを使ってディープラーニングに挑戦

NNC-Challengeは、ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が提供するAI開発ツール「Neural Network Console(NNC)」を用いて、与えられたお題から自分なりにテーマを設定し、自分なりの解を出すコンテストで、今回が第二回となる。

第一回の受賞者や受賞作品は以下のレポート記事を見てほしい。

参加者には、NNCで自分の設定したテーマを解決するAIを作るだけでなく、なぜそのテーマを選んだのか、NNCをどのように活用したのかなど、過程や結果をプレゼンテーションやブログにアウトプットしてもらうことで、AIの精度だけでなく、テーマ設定やビジネス性など、多角的に評価を行い、表彰を決定する。

第二回となる今回は、日本最大級のロイヤリティフリーBGM・効果音ストックサービス「Audiostock」から10,000点もの音声データを提供していただき、ディープラーニングに挑戦できる。たとえば下記のようなテーマを自由に選んで取り組める。

  • 例1:音声データの自動カテゴライズ
  • 例2:類似音声のレコメンデーション
  • 例3:曲に合うジャケット写真を自動選出する

9月16日から参加者募集開始、優秀者には賞金も

9月16日から参加者の募集を開始している。応募はいつでも可能だが、アウトプットの提出締切は10月19日(月)までとなっているので、応募する場合はお早めに。

また、優秀者には賞金も用意されている。どの賞を狙うかも重要なポイントなので、ぜひさまざまなアイディアを考え、応募してみてほしい。

  • 最優秀賞…10万円
    データ提供企業のビジネスに貢献できるような、現実的なアイデアや精度を実現した参加者に送られる

  • NNC賞…3万円
    Neural Network Consoleを一番使いこなした参加者に送られる

  • Ledge.ai賞…3万円
    おもしろいアイデアや、突き抜けた企画を出した参加者に送られる