ドコモ、AIでジミー大西さんと対話できる無料アプリ 再現性の高い音声合成を実現

このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社NTTドコモは3月15日、「キャラクタ雑談技術」を開発したと発表。すでに株式会社ラフ&ピース マザー(LPM)より、本技術を使用したスマートフォン・タブレット向けアプリ「携帯人間AIジミー(AIジミー)」を提供開始している。

キャラクタ雑談技術は、あらゆる対話型AIサービスにさまざまなキャラクター性を付与できる技術だ。再現したい対象の質問や応答といった対話データを学習することで、自分の好きな人やキャラクターと会話している気分を味わえるという。

従来の対話型AIでは対話のルールを作成する方法が一般的だったが、本技術は再現対象の対話データを用意するだけで、ユーザーの入力に応じた適切な応答を出力できる。またドコモが提供する対話型AIサービス「ドコモAIエージェントAPI」と組み合わせれば、音声認識・音声合成による音声対話も実現する。

キャラクタ雑談技術を使用したAIのイメージ

本技術を活用したAIジミーでは、お笑い芸人のジミー大西さんを再現したAIとの対話が可能だ。AIジミーは音声対話を実現するため、キャラクタ雑談技術だけではなく、ドコモAIエージェントAPIも使用している。

ドコモAIエージェントAPIの音声合成は、NTTメディアインテリジェンス研究所の協力のもと開発した、ジミー大西さん本人の音声から作成したオリジナル音声合成モデルを使用。ジミー大西さんの音声の特徴を分析し、分析に基づいてジミー大西さんらしい収録原稿を作成することで、より再現性の高い音声合成を実現したという。

携帯人間AIジミーのシステム構成

AIジミーはLPMが提供する教育系コンテンツ配信サービス「ラフ&ピース マザー」アプリをダウンロードすることで利用できる。料金は無料(ただし、アプリ内・Web課金あり)。

>>ニュースリリース