現場と研究室のギャップ埋める OKIと中央大学、「AI・データサイエンス社会実装ラボ」を設立

このエントリーをはてなブックマークに追加

沖電気工業株式会社(以下OKI)と中央大学は、AI・データサイエンスに関連する共同研究について包括連携する基本協定書を締結した。AIの社会実装とAI人材の育成をねらう。

初の活動として、中央大学後楽園キャンパス(東京都文京区)に「AI・データサイエンス社会実装ラボ」を開設する。同ラボは中央大学が2020年4月に設立した「AI・データサイエンスセンター」に設置され、AI・データサイエンスに関する最先端の知識と優秀な教授陣を持つ中央大学と、社会インフラにおける現場の実課題やデータを持つOKIの産学連携の場となる。

いろいろな場で語られているように、研究機関と現場との隔たりは小さくない。AI・データサイエンス技術への期待が高まりつつある反面、課題を抱えている現場への実装が進まず、実問題の解決に至らないケースが少なくない。

そこで大学が持つ先端の知見と、現場の課題を熟知する企業の技術者の経験知を融合し、AIの社会実装とAI人財の育成を加速するためのプログラムを構築するという。

ラボにはOKIが現場の実データを持ち込み、中央大学との混成チームにより、実課題の解決を目指す。実践の場を設けることで、社会実装まで辿り着けるAI人財を戦略的に育成するとのことだ。初年度はスマートファクトリー実現のための諸課題を解決しながらAIの汎化性能向上や少データによる学習に取り組むなど、複数のプロジェクトの実施を計画している。