インボイスとファクタリングの2事業で提携|OLTA×福島銀行

このエントリーをはてなブックマークに追加

OLTA株式会社は2023年1月18日、福島銀行とインボイス・クラウドファクタリングの2事業で提携を開始したと発表した。請求管理や資金管理、資金調達において、より地域に密着した中小企業・個人事業主様のサポートを目指すという。

顧客の利便性向上や地域経済の活性化、業務効率化にも寄与

同社と福島銀行の提携は、福島銀行の中期経営計画「ふくぎん 福島創生プロジェクト」の指針のひとつ「DX化の推進により、顧客に新たなサービスを提供するとともに、業務の効率化・高度化、経費の削減を推進」に貢献する取り組みでもある。これにより顧客の利便性向上や地域経済の活性化だけでなく、同行の業務効率化にも寄与するという。

※INVOYとは
「INVOY」はOLTAが提供する、主に中小企業様や個人事業主様の入出金管理をサポートするクラウドサービス。請求書・見積書・発注書・納品書・領収書の作成・発行・管理のほか、入金消込、郵送代行サービス、取引先管理、請求書の定期自動作成などの機能が備わっており、全て無料で利用できる。

※OLTAクラウドファクタリングとは
ファクタリングは、企業が商取引で発生した「入金待ちの請求書」を売却して、早期に運転資金を調達する手法。OLTAは2017年に日本初のオンライン型ファクタリングである「OLTAクラウドファクタリング」の提供を開始、AIを活用した審査をおこなっている。

福島銀行との提携内容

<インボイス事業>
「INVOY」における提携では、福島銀行が同行の法人・個人事業主の顧客を中心に同サービスを案内する。請求書発行の手続きや複数口座の一括管理をオンラインで対応したいという需要は増加しており、福島銀行は「INVOY」の推進により顧客の要望に対応することで、経営を多方面からサポートするという。

<クラウドファクタリング事業>
OLTAと福島銀行のクラウドファクタリング事業における提携では、OLTAがWebサービスの企画・開発・導入および運用におけるコンサルティングを福島銀行に提供し、福島銀行は自社ブランドの金融商品のサービスラインナップに加え、法人・個人事業主の顧客に案内する。福島銀行の顧客にとっては、普段から利用している金融機関のサービスに加え、OLTAが提供するクラウドファクタリングを利用でき、短期・少額の運転資金が調達可能となるとのこと。

■OLTA株式会社
https://corp.olta.co.jp/

■株式会社福島銀行
https://www.fukushimabank.co.jp/

>>ニュースリリース