高齢ドライバーの運転技能を機械が判定、危険を検知したら音声通知

このエントリーをはてなブックマークに追加

たびたびニュースで報じられる高齢者の自動車運転事故。社会の高齢化にともなって、高齢ドライバーの事故防止対策は各地での課題となっている。

高齢ドライバーの安全運転を支援するために、オムロン株式会社と近畿大学は2月13日に「リアルタイム運転技能診断システム」の実証実験の開始を発表した。教習所向けのプロダクトとなっていて、70歳以上の免許更新時に実施される「高齢者講習」における実車指導時に活用される見込み。





機械による評価や通知が技能向上指導に有効

高齢ドライバーリアルタイム運転技能診断システムの概要

実車指導では、運転中に同乗する教官からの指導と、運転後にドライブレコーダーの映像をもとにした事後指導が実施される。今後より多くの受講者に効率的に対応するため、機械化の導入や指導の効果を高めるための取り組みが求められていたそうだ。

今回発表されたリアルタイム運転技能診断システムは、車両に取り付けたオムロンのドライバー安全運転管理サービス「DriveKarte」と近畿大学理工学部 多田准教授と共同開発したもの。DriveKarteは、車載センサーと呼ばれるもので、車両の走行状態とドライバーの運転集中度の両面から安全運転をサポートするサービスだ。2018年4月からサービスを開始している。

DriveKarte公式サイトより

そのDriveKarteのカメラやセンサーから出力されるドライバー画像、位置情報、加速度などの情報を組み合せて、リアルタイム運転技能診断システムが自動で運転技能を評価する。危険運転を検知した場合、音声によってリアルタイムで通知する仕様だ。

多田准教授の開発した運転技能評価と通知システムは、教習所の指導員の安全運転知識をデータベース化し、ドライバーの技能を自動評価できるようにしたもの。プレスリリースによれば、機械によるリアルタイムでの運転評価や通知が高齢ドライバーの運転技能向上の指導に有効だと確認されたという。

人による指導に加えて、機械の客観的な判定による指導によって、高齢ドライバーへの指導力向上が期待されている。また、教官(指導員)の負担軽減も見込まれているそうだ。

>>プレスリリース

事故を防ぐ「目」の役目を担うAI

危険運転防止のためのAIは今回の自動車での活用だけでなく、さまざまな分野・領域で事例が増えつつある。

小田急線内におけるAIの活用例

2月6日には、小田急電鉄株式会社が踏切内の安全性向上を目的とした実証実験をすると発表している。これは、小田急線内の踏切に設置された監視カメラが写した映像をAIが解析。その解析した内容をもとに、異常状態だと判断するとアラームが鳴る仕組みだ。

将来的にはAIによる解析結果を用いて、付近を走行する列車を自動で停止させるなど、踏切での事故を未然防止できる監視体制の構築を目指している。