ONNXがブラウザで動かせる「ONNX.js」誕生。Web×深層学習が一気に加速する

このエントリーをはてなブックマークに追加


異なるディープラーニングフレームワーク間でモデルの相互運用を図る「ONNX(Open Neural Network Exchange Format) 」プロジェクトですが、この度ブラウザ、JavaScriptで動かせるONNX.jsが誕生しました。

ONNX(Open Neural Network Exchange Format) とは?

これまでは、各フレームワークで使われるAIが学習したデータ形式(学習済みモデル)が異なるため、同じAIを使いまわしたい場合もフレームワークごとにデータを変換する必要がありました。それを解決しようというのがONNXプロジェクト。

ONNXプロジェクトは、MicrosoftとFacebookによる共同プロジェクトとして発足。その後日本のPreferrd Networksのフレームワーク「Chainer」もジョインするなど、注目を集めました。

何がすごいのか?

これまで、AIをブラウザで動かせる方法としては、Tensorflowが「Tensorflow.js」といった形で個別に対応しているぐらいでした。今回、ONNXがJSで動かせるようになったということは……

  • Facebook「PyTorch」
  • Preferred Networks「Chainer」
  • Microsoft「Cognitive Toolkit」
  • Microsoft 「Azure Custom Vision」で作成したモデル
  • SONYの「Neural Network Libraries」「Neural Network Console」
  • Google「Tensorflow」

    といった、あらゆるフレームワークやサービスで開発したAIが、まとめてブラウザで動かせるようになったということ。Webサービスにディープラーニングを組み込むことが劇的に容易になったといえます。このインパクトはかなり大きいのではないでしょうか。

    ONNX.jsはgithubで公開されています。ぜひ試してみてください。