1週間分の作業が10分で完了。AIで屋外・交通広告用の特大画像を高解像度化するツールが提供開始

このエントリーをはてなブックマークに追加

画像の画素数を16倍に高解像度化させることができる「Photo Refiner」などのSaaSを提供するラディウス・ファイブは、2019年5月15日より特大サイズの画像素材をAIで生成するサービス「OOH AI」の提供を開始した。

これにより、屋外広告・交通広告(OOH)用の特大サイズ画像の制作が容易になる。

ディープラーニングで10分以内で数十万pxサイズまで高解像度化

OOHは、Out Of Homeの頭文字をとった屋外・交通広告の略語だ。

通常、OOHで利用するための画像を制作するためには、画像を引き伸ばして、粗い箇所を画像編集ソフトを使って修正するなど、人が膨大な時間をかけて作業をする必要があった。

OOH AIでは、AIで低解像度の画像から高解像度の画像を生成するため、早く、低コストでクオリティーの高いOOH用の画像を制作できる。

特徴は以下のとおり。

  • ディープラーニングにより、数十万pxサイズまで高解像度化することができ、屋外広告・交通広告への対応が可能
  • デザイナーが1週間以上かかるような高解像度化の作業を10分以内で行うことが可能

特大サイズ画像の制作ニーズが顕在化

ラディウス・ファイブは以前から、AIによって画像を高解像度化するPhoto Refinerを提供している。

関連記事:数時間かかる作業を10秒で。SaaSで画像を16倍に高解像度化できるAIツール

サービス提供の過程で、屋外広告・交通広告で利用できるような特大サイズの画像の制作に困っている企業を多く目にしたのが開発のきっかけだという。また、デジタルサイネージの4K対応などによる画質向上も相まって、より高いクオリティの画像が求められるようになっていることも背景のひとつだ。

OOH AIサービスページからの申込みで利用できる。高解像度化したい画像を送信すれば、3営業日以内に高解像度化した画像が返送される。価格は1枚2万円

世界中の屋外・交通広告用画像の制作にニーズに応えるために、グローバル対応も予定しているという。