平均年収の高い開発言語「ABAP」「R」「Perl」でPython入らず パーソルが調査

このエントリーをはてなブックマークに追加

パーソルキャリア株式会社が運営する100万件の転職統計データを活用した求人要件作成支援サービス「HR forecaster(エイチアール フォーキャスター)」は6月6日、職種×スキルの平均年収がわかるデータ「保存版ハンドブック スキル年収マップ」の第2弾として、「ITエンジニア編」を公開した。

ITエンジニアの年収は、採用担当の経験や他社の求人情報で決まってしまう?

DXやビッグデータの活用など、ITエンジニアの需要はコロナ禍を経てより一層高まっている。

ITエンジニアの採用を成功に導くためには、マーケットに即した適正な年収を提示することが重要なカギとなる。しかしながら、ITエンジニアは開発言語、開発工程などスキルが細分化されており、それらのスキルと年収を紐づけるデータがこれまで存在しなかった。

そのため、採用時の年収は、採用担当者のこれまでの経験や近しい求人情報を頼りに決められている。結果、求めるスキルを持つ人材に対して、企業が提示する金額がマーケットと乖離しているケースが多く、「募集はしたものの、人材が集まらない」といった採用課題が多く聞かれる。

こうした課題を解決したいという想いから、今回、職種×スキルの平均年収が一目でわかる「保存版ハンドブックスキル年収マップ」の第2弾として、「ITエンジニア編」を作成したという。

職種別平均年収トップは、ITコンサルタントで752万円

ITエンジニア職のうち、平均年収1位は、IT戦略の策定やその実現など企業の命運を担う、「ITコンサルタント」 (752万円)だった。 2位は企業のサイバーセキュリティに対応する「セキュリティエンジニア 」(675万円)、3位は IT企業の売上に大きく影響する「プリセールス」(670万円)となった。

トップのITコンサルタント×グリッドコンピューティングは平均年収1066万円

職種×スキルで平均年収を見ると、1位は「 ITコンサルタント×グリッドコンピューティング」が最も高い組み合わせとなった(1066万円)。2位は「セキュリティエンジニア×ラインマネジメント」(863万円)、3位は「社内情報システム (社内SE)×IFRS」(841万円)だった。

平均年収トップの開発言語は、「ABAP」「R」「Perl」

開発言語別の平均年収ランキングでは、1位がSAP製品の開発言語である「ABAP」(661万円)、2位はデータアナリスティクスや統計解析で活用されている「R」(656万円)、3位が大規模配信システムなどで活用されている「Perl」(630万円)という結果になった。ランキングトップ10を見ると、今多くのエンジニアから注目されている「Go」(627万円)が7位にランクインしている。Pythonは12位以下だった。

ITエンジニアが学びたい言語と平均年収が高い言語には乖離が存在

一方、ITエンジニアが学びたい(強化したい)プログラミング言語ランキングでは、1位:Python (平均年収ランキング16位:590万円)、2位:Java (平均年収ランキング18位:573万円)、3位:JavaScript (平均年収ランキング31位:561万円)とだった。

学びたい言語は、今後の需要が見込まれる言語がランクインする傾向にある。一方で、いま平均年収が高い言語は、以前からニーズが高く、経験や知識が豊富なエンジニアが多いため、学びたい言語と年収の高い言語の順位に乖離が生じたと考えられる。

この「保存版ハンドブック スキル年収マップ」は、転職サービス「doda」の100万件以上の転職統計データを活用して作成している。一つの職種でスキルに応じた「職種×スキル」の平均年収を算出し、採用担当者は自社が求めるスキルを持つ人材の適正な年収を一目で把握できる。

また、データの精度を高めるために、キャリアアドバイザーがヒアリングし、職務経験やスキルレベルを確認したデータを活用。その上で、経験スキルごとにセグメントをして年収を算出している。

「保存版ハンドブック スキル年収マップ_ITエンジニア編」の概要は以下のとおり。

  • 公開日:2022年6月6日
  • 費用:無料
  • 掲載職種:ITエンジニア、ITコンサルタント、プリセールス、業務系アプリケーションエンジニア、Webサービス系エンジニア、スマホアプリ・ネイティブアプリ系エンジニア、制御系ソフトウェア開発エンジニア、インフラエンジニア、セキュリティエンジニア、社内情報システム(社内SE)、サポート・ヘルプデスク、データサイエンティスト

>>ニュースリリース