事務業務を自動化できるRPAのサブスク、月5万円から

このエントリーをはてなブックマークに追加

パーソルテンプスタッフ株式会社は10月27日、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)のサブスクリプションサービス「Robot+(ロボプラ)」を発表した。価格は月5万円(税抜)から。

近年、労働人口の減少が進んでいるとされる。たとえば、株式会社パーソル総合研究所は労働需要に対して、2030年には644万人の人手不足になると予測している。そのような状況のなか、働き方改革や生産性向上への取り組みが多くの企業で加速しており、その手段の1つとしてRPAが注目されている。

だが、株式会社MM総研の「RPA国内利用動向調査2020」によると、企業のRPA導入率は38%にとどまっている状況(大手企業に限定すると51%、中小企業に限定すると25%)という。RPAを導入できていない理由としては、「導入方法がわからない」「RPAに適した業務がわからない」「RPAの開発・運用・保守ができる人材がいない」などが挙げられているとのこと。

今回、パーソルテンプスタッフが提供する「Robot+」は、顧客の事務業務を調査し、最適なプロセスに設計してRPAで自動化できるという。これにより、顧客は自社でRPAを導入する手間を削減できるとしている。また、好きなアウトプット形態(CSV、Excel、PDFなど)で納品してくれるため、小ロットの業務や在宅ワークでも利用できるとする。

さらに、開発・運用・保守はパーソルテンプスタッフの専任スタッフが担当するので、顧客は専任スタッフの確保、RPAの導入・運用・保守コストをかけず、最新のRPAを利用し、業務効率化を図れるとした。

そのほか、対応可能業務例は以下のとおり。

>>ニュースリリース

PC業務を自動化するRPAが年額30万円で登場 SBI AntWorks Asiaが販売

定額制でRPAを提供するサービスはほかにもある。

最近でも、SBI AntWorks Asia株式会社は10月7日に、統合オートメーションプラットフォーム「ANTstein SQUARE」に含まれるフルスタックのRPA製品であるQueenBOT RPAを、年間ライセンス料金30万円(税抜)で販売開始した。

QueenBOT RPAにはメールやフォルダーの監視機能や、アプリケーション上のボタンや入力フィールドを画像ではなくオブジェクトとしてとらえるなどの機能が備わっている。また、ソフトウェアのロボットを作るための開発ツールだけを提供するデスクトップ型ではなく、開発とは別の実行専用環境とその一元管理を行うサーバー製品をもつ「サーバー型RPA製品」という点も特徴のひとつだ。