PFN、自律移動型作業ロボットの量産設計開始 感染症対策として無人搬送、消毒に活用

このエントリーをはてなブックマークに追加


株式会社Preferred Networks(以下PFN)は6月22日、開発中の移動型マニピュレーターロボットの量産設計を進め、無人搬送や無人消毒の用途で、工場、実験室、オフィス、病院、福祉施設などでの実証実験を開始すると発表した。

PFNが開発中の移動型マニピュレーターロボットは、Mobile Manipulatorとも呼ばれ、ロボットアームと作業用ハンドを備えた自律移動型の作業ロボットだ。

感染症対策での無人消毒業務などに活用

同ロボットは、物理的インタラクションや安全性にかかわる制御レイヤー(ソフトウェア技術)から、アーム、エンドエフェクター、モビリティ(ハードウェア技術)まで、PFNが統合的に設計・開発している。自社開発により、製品化に向けた安全性や性能の向上、必要な機能の選定、製造コスト低減を加速させる狙いだ。

2020年6月から2021年2月の期間中に、同ロボットのハードウェアの量産設計を進め、多様な施設での実証実験を通じて製品としての作り込みを行う。将来的には、人手不足の現場や人が立ち入ることが望ましくない現場において、自律走行による搬送業務や、感染症対策での無人消毒業務への活用を想定しているという。

現在、PFNは同ロボットの実証実験に協力する企業・施設を募集している。下記URLから問い合わせが可能だ。
https://forms.gle/Sx3k4oSn71gowuVE9

過去にも「全自動お片付けロボット」などを発表

PFNは2018年に「すべての人にロボットを」というコンセプトを発表。以来、ロボットが身近な場所で活躍する社会の実現に向け、あらゆる現場に低コストで導入できるロボットの開発を進めている。過去にも「全自動お片付けロボット」などが話題になった。

PFNが従来から得意とする、ディープラーニングを用いた物体認識や制御などのソフトウェア技術とロボットのハードウェア技術を融合し、物理世界の多様性や状況変化にも柔軟に対応できる実用的なロボットの開発を目指すという。

>> プレスリリース