準備プロセスを55%も削減 設計図面から情報を自動的に抽出する建設業特化AI

このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社フォトラクションは、工事現場における配筋検査の準備(黒板作成や必要図面の整理)プロセスを55%削減する建設業特化AIを開発したことを発表した。今後は建設業特化AIにオペレーターを組み合わせた建設BPOサービスの展開を加速し、建設業界における人手不足の解決を目指す。

建設業特化AIは、大規模建築を中心とした設計図面の解析を得意としたAIだ。通り芯や寸法線などをはじめ、非定型な書式である設計図面から、記載されている情報を自動的に抽出できる。同社は建設業特化AIをサービス化して提供するために、配筋検査の準備プロセスに必要な情報の抽出に特化して開発を進めてきた。

配筋検査は主に鉄筋コンクリート造の躯体工事において、コンクリートを打つ前に組み上げる鉄筋の配置が適切かどうかを確認する検査である。検査の前には、現場で活用する書類や工事黒板(工事現場で使う手持ちサイズの黒板)の準備が必要で、設計図面から抽出した鉄筋コンクリートに関する部材符号と工事黒板を人の目で照合して、検査するチェック項目を作成する必要があった。

これらの作業は650平米の建物だと1フロアあたり10〜13時間という多大な時間がかかっていた。建設業特化AIは設計図面から検査の対象となる配筋情報と、部材の位置を抽出し照合することで、工事黒板への転記や最終的に使う書類の作成までを自動的に実施できる。これにより、配筋検査の準備作業のプロセスを55%削減し、1フロアあたり5〜6時間程度で作業が完了するようになった。

同社は工事写真や図面などの管理を効率化するクラウドサービスと、クラウドを通じて建設会社のデスクワークなどの業務を代行する建設BPOサービスを組み合わせ、建築・土木の生産支援クラウド「Photoruction」として提供している。今回開発した建設業特化AIを建設BPOサービスに組み込むことで、従来型のBPOと比較して低コストですばやく納品できるサービス提供を可能にしていくという。

配筋検査の準備プロセスは、全国で新しく発生する年間50万件を超える建設プロジェクトで実施されている業務である。同社は全国の配筋検査の準備プロセスにおいて、1年間でおよそ100万時間を超える時間が費やされていると予測している(※)。同社は、建設BPOサービスを活用することで、産業全体において大幅な効率化が期待でき、生産性向上のインパクトは非常に大きいとしている。

国土交通省の建築着工統計調査報告令和2年のデータから同社が独自に算出

>>ニュースリリース