プログラミング能力検定がJavaScriptによるテキスト言語版の上位レベルを開始 「情報」科目の土台作りにも

このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社プログラミング総合研究所は2022年6月のプログラミング能力検定から、プログラミング言語「JavaScript」によるテキスト言語版上位レベルを開始することを発表した。検定日程は6月13日から6月19日で、申し込み期間は5月9日まで。同検定は今後、2022年内に「Python」 での受検も可能となり、その後も他言語に対応する予定だ。

2022年度から高等学校では「情報Ⅰ」が必修化され、すべての高校生がプログラミングを学ぶ時代になった。また、国立大学協会では2024年度から国立大学での大学入学共通テストにおける「情報」科目の必須化を決定するなど、プログラミング教育においては、教える側も学ぶ側も不安を抱えている人が多いと考えられる。

このような背景を受け、同社はプログラミング能力検定を客観的で詳細にプログラミングの能力や技能をはかり、限られた時間の中で効率的に力をつけるためのツールとして活用してもらうため、テキスト言語版上位レベルを開始する。

これにより、プログラミング能力検定の全レベルの受検が可能となり、高校「情報Ⅰ」のプログラミング領域だけでなく、大学入学共通テストの「情報」科目に必要なプログラミング能力の土台作りにも活用できるようになった。

>>ニュースリリース