「Python 3.8.10」Python 3.8系は最後の定期リリース

このエントリーをはてなブックマークに追加

Pythonソフトウェア財団(Python Software Foundation)は現地時間5月3日、「Python 3.8.10」「Python 3.9.5」「Python 3.10.0b1」を発表した。



「Python 3.8.10」は最後の定期メンテナンスリリース。今後は「Python 3.8」系はセキュリティフィックスのみを受け入れ、2024年10月までソースオンリーでリリースする。

引き続き定期的なバグ修正を受け取るには「Python 3.9」にアップグレードを推奨している。「Python 3.9.5」は、最新のメジャー安定版リリースで、多くの新機能と最適化を含む。

「Python 3.10.0b1」は、現在開発中の「Python 3.10」における最初のベータプレビュー。幅広いコミュニティに新機能などをテストしてもらうためにリリースするという。

Pythonソフトウェア財団はサードパーティのPythonプロジェクトに関わるメンテナにベータ段階でテストし、発見した問題をできるだけ早くPythonバグトラッカーに報告するように呼びかけている。

なお、今回のリリースはプレビュー版で本番環境での使用は推奨していない。

>>ニュースリリース(英語)