Python試験の受験者数が3000人を突破「幅広い層で受験されている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

画像は公式サイトより

一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会は7月9日、「Python 3 エンジニア認定データ分析試験」が2021年6月末時点で受験者数3158名となり、開始1年で3000人を超えたと発表した。2021年6月末時点では受験者数3158名のうち、合格者数は2726名。合計での合格率は単純計算で約86%になる。

Pythonエンジニア育成推進協会 代表理事の吉政忠志氏は「『Python 3 エンジニア認定データ分析試験』はエンジニアのみならず他の業務に従事されている方がPythonを活用した業務効率向上のために使用されるケースが増えており、幅広い層で受験がされています。本試験を通じて多くの方にPythonを用いたデータ分析の基礎学習をチェックいただけると幸いです」とコメント。

Pythonエンジニア育成推進協会 顧問理事の寺田学氏は「『Python 3 エンジニア認定データ分析試験』が、広く普及することでPythonを用いたデータ分析者の育成の底上げになると考えております。今後は試験のみならずPythonデータ分析の教育基盤つくりにも貢献し、さらなる業界発展に努めてまいります」と述べている。

【「Python 3 エンジニア認定データ分析」概要】
・概要:Pythonを使ったデータ分析の基礎や方法を問う試験
・受験料金:1万円(税別)
・問題数:40問(すべて選択問題)
・合格ライン:正答率70%
・試験センター:全国のオデッセイコミュニケーションズCBTテストセンター
・主教材:『Pythonによるあたらしいデータ分析の教科書』(翔泳社)
・著者:寺田学氏、辻真吾氏、鈴木たかのり氏、福島真太朗氏

>>ニュースリリース