楽天、メッセージアプリに対話型AIと画像生成AIを活用したチャットボットを提供開始

このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天グループのViber Media S.a.r.l.は5月19日、同社が提供するメッセージングアプリ「Rakuten Viber」で公式チャットボット「Viber AI チャット」の提供を開始したと発表した。これはOpenAIの「ChatGPT API」および「DALL∙E 2」を用いたもので、新機能は「Rakuten Viber」の利用登録者が無料で全機能を利用できるという。

「Viber AI チャット」は、ユーザーが入力した質問に対してAIが自然な文章で回答を生成する文章生成機能と、ユーザーが入力したフレーズに基づいてAIが画像を生成する画像生成機能を備えている。

すでに同社は、今年2月から生成AIを通じたグローバル版チャットボット「AI Chat & Create」の提供を開始していた。その経験を生かし、現在日本国内でも高い関心が集まる生成AIを活用し、利便性の向上を図るために日本語でのメニュー表示に対応した「Viber AI チャット」を開始したとのこと。

利用者は「絵を描く」機能でAIが画像を生成する体験や、「質問する」機能でAIが自然な文章を生成する体験ができる。「AIに自由に描いてもらう」機能では、ランダムなテーマに基づいてAIが画像と文章を生成する。

利用者は「Rakuten Viber」(デスクトップ版、スマートフォン版)を開き、「Viber AI チャット」を検索することでこの新機能を利用できる。