ユーザーのコード提出数が7万回を突破、コンピュータサイエンス学習「Recursion」

このエントリーをはてなブックマークに追加

Recursion, Incは4月24日、現役シリコンバレーエンジニアが監修するコンピュータサイエンス学習プラットフォーム「Recursion」において、ユーザーのコード提出数が7万回を突破したと発表。

Recursionは、インターネットブラウザ上でプログラミングを学習できるサービスである。ユーザーは問題に対して解答のコードをPython、C++、Java、PHP、JavaScriptなど学びたい言語で書き、テストケースでデバックした後コードを提出する。

カリキュラムはアメリカ西海岸のエンジニアが考えており、マサチューセッツ工科大学(MIT)やスタンフォード大学などアメリカの大学で採用されている内容に準拠したという。米Googleや米Facebookの本社での採用面接で出題されるようなレベルの問題も用意している。

>>ニュースリリース

Pythonが学べるサイトやコンテンツは?

Ledge.ai編集部では、Pythonについて、機械学習に用いられる理由やおすすめのサイト・コンテンツなどを解説している。気になる人は、以下の記事をチェックしてほしい。