PDFや画像ファイルの請求書から自動で振込データを生成する「りそな支払ワンストップ」、AI insideの文字認識APIを採用

このエントリーをはてなブックマークに追加

AI inside 株式会社は7月4日、株式会社りそな銀行と株式会社NTTデータが共同事業により開発した新たな企業間決済サービス「りそな支払ワンストップ」に、AI insideが提供する「Developer’s API」のひとつである文字認識APIが採用されたと発表した。

「りそな支払ワンストップ」は、支払業務の一連のフローを自動化し、ワンストップで対応できる新しい企業間決済プラットフォームサービスだ。

紙やファクスで受け取った請求書をクラウド上にアップロードすると、AI-OCRが請求書の情報を読み取り自動的に支払データを作成し、りそな銀行のインターネットバンキング「りそなビジネスダイレクト」にシームレスに連携して振り込み操作ができる。また、支払い完了した請求書データは自動的に電子保管され、簡単に検索できる。

【本サービスのイメージ図】画像はりそな銀行より

従来のOCRでは読み取りが困難とされた手書き文字も高精度に読み取り、あらゆるフォーマットの帳票・画像から情報を抽出・構造化できるという。複数枚の請求書の読み込みにも対応している。

画像はりそな銀行より

本サービスの振り込みデータ作成の工程において、AI inside がAI・インテリジェンスAPI群として提供する「Developer’s API」のひとつである文字認識APIをAI-OCRエンジンとして採用した。

「Developer’s API」は、AI insideが開発・提供するAI・インテリジェンスをオープン化したAPI群だ。API利用により、開発時間・コストをかけずに、高精度なAIを組み込んだサービス・アプリケーションの構築が可能になるという。

>>ニュースリリース