ソフトバンクグループ、人型ロボット「ペッパー」にrinnaのAI会話エンジン新版を採用

このエントリーをはてなブックマークに追加

ソフトバンクグループ(ソフトバンクG)のソフトバンクロボティクス株式会社は人型ロボット「Pepper(ペッパー)」に、rinna株式会社が提供する法人向けAIチャットボット開発プラットフォーム製品「Rinna Character Platform」の新バージョンを採用した。rinna株式会社が8月20日に発表した。

「Rinna Character Platform」は会話内容や音声表現をカスタマイズすることで、キャラクター性を持たせたAIチャットボットを開発できる法人向けプラットフォーム製品である。

2021年春にリリースした新バージョンは、新開発のチャットエンジン「Style Transfer Chat(STC)」を使い、大規模会話データから構築した事前学習済みモデルに、作りたいキャラクターの性格や口調を反映した少量の会話データを追加学習させるだけで、キャラクター性を反映した自由会話が可能になる。

「Pepper」に「Rinna Character Platform」新バージョンが採用されることで、rinnaが開発した最新のチャットモデルの効果でPepperの会話機能が向上する。新しいアーキテクチャにより、システムの導入が容易になるとともに運用効率と耐障害性が向上し、自由会話のAIチャットボットを低コストで安定したサービスとして提供できるとしている。

>>ニュースリリース

ソフトバンクグループ、人型ロボット「ペッパー」を生産停止「お疲れさまでした」「さよなら……」

2021年6月頃、ソフトバンクロボティクスは2020年から、Pepperを生産停止していたと報じられた。Pepperは販売が伸びておらず、在庫を十分に確保できていることが原因と見られる。

ソフトバンクロボティクスは販売そのものは継続しているものの、SNS上では早くも「お疲れさまでした」「えー、マジか」「悲しいね」「さよなら……」などのコメントがあった。

今回、rinnaによる発表でソフトバンクロボティクスはPepperを見限ったわけではなく、需要が回復すれば生産を再開することも検討しているという報道にリアリティを感じさせる。今後の動向に注目したい。