rinna、感情的につながるAIキャラクター開発でデジタルヒューマンと協業

このエントリーをはてなブックマークに追加

画像はリアルAIアバター「デジタルヒューマン」

rinna株式会社とデジタルヒューマン株式会社は5月31日、rinna社の自由に雑談するAIチャットエンジンと、デジタルヒューマン社の顔と音声で感情を表現するAIアバターを統合することで、感情的につながるデジタルコミュニケーションが可能なAIキャラクターの開発で協業することを発表した。

rinna社は、マイクロソフトのAI&リサーチ部門でAIチャットボットを研究していたチームがスピンアウトして2020年6月に設立したAI開発企業。ディープラーニング(深層学習)技術を活用し、AIが文脈に応じた会話文を自動生成して人間と自然に会話する「共感チャットモデル」、AIが話し声や歌声で豊かに感情を表現できる「音声合成システム」などの技術を発表してきた。

デジタルヒューマン社は、UneeQ, Inc.が開発するリアルAIアバター「デジタルヒューマン」のディストリビューターで、UneeQ, Inc.に代わって日本における事業を展開している。

「デジタルヒューマン」は会話の内容にあわせて、顔の表情、声のトーン、唇の動き(セリフと同期するリップシンク)、ヘッドモーション、ボディモーション、マイクロアイモーション(眼球運動)が変化するスピーチアニメーション画像をリアルタイムに生成できる。

本AIアバターは日本語に対応した音声認識機能を備えている。今後はグループ会話において適切な人に個別対応する話者認識機能、コンピュータービジョンAPIを用いて、相手の個人特定、感情分析、年齢や性別などの分析、相手が手にした物体(薬のパッケージなど)認識をリリース予定という。

「Rinna Character Platform」とデジタルヒューマンを組み合わせたAIキャラクター

今回の協業により、rinna社のAIチャットボット開発プラットフォーム製品「Rinna Character Platform」のユーザーインタフェースとして、デジタルヒューマン社のAIアバター「デジタルヒューマン」が利用可能になった。これにより、自由に会話する能力、顔と表情、音声、視覚、聴覚を備えたAIキャラクターを開発できる。

また、両社は「Rinna Character Platform」とデジタルヒューマンの組み合わせを自社のタスク指向型チャットボット製品に組み込んで顧客に販売できるパートナーや、AIキャラクターを企画できるパートナーの開拓で協力する。

>>ニュースリリース