新卒エンジニアに求めるプログラミング経験年数、3社に1社が「1年以上」と回答

このエントリーをはてなブックマークに追加

レバテック株式会社が運営するITエンジニア専門新卒向け就職支援エージェント「レバテックルーキー」は4月27日、新卒エンジニアを採用する企業の新卒採用担当者289名を対象に、新卒エンジニアに求めるプログラミングスキルについての調査結果を発表した。

新卒採用、4社に1社が「授業以外での成果物作成経験を求める」と回答


企業が新卒エンジニアに求めるプログラミング経験で最も多かったのは「ITパスポートや基本情報技術者等の資格取得(43.6%)」だった。

次いで「授業以外での成果物作成経験(27%)」「書籍や参考論文等での自己学習(23.5%)」が続いた。約4社に1社が、自発的にプログラミングを学んだ経験や何かしらの成果物作成経験を求めていることがわかった。

一方で、少なかったのは「競技プログラミングの経験(10.7%)」「研究論文や学会等での発表(11.1%)」「プログラミングスクールでの学習(11.8%)」などで、それぞれ全体の約1割に留まった。

新卒エンジニアに「1年以上」のプログラミング経験を求める企業が多い


企業が新卒に求めるプログラミング経験年数で最も多かったのは「1年以上(31.9%)」だった。次いで「6ヶ月以上(21.1%)」「2年以上(19.3%)」と続いた。

全体のうち半数以上の企業が、エンジニアを目指す就活生に対して1年から2年以上のプログラミング経験を求めていることがわかった。

一方で、少なかったのは「1年6ヶ月以上(1.2%)」「1ヶ月以上(4.8%)」「1ヶ月未満(5.4%)」だった。新卒にプログラミング経験を求めるほとんどの企業が、最低でも3ヶ月以上の経験が必要だと考えていることがわかった。

就活生に求めるプログラミングスキルの水準は上がっている


新卒エンジニアに求めるプログラミングスキルレベルについて複数回答で聞くと、全体の3割以上の企業が何かしらの変化があったことが明らかとなった。

プログラミングスキル要件に変化があった企業のうち、回答が多かったのは「直近2〜3年で高くなった(14.5%)」「23年度から高くなった(8.0%)」だった。5社に1社以上が、エンジニアを目指す就活生に求めるプログラミングスキルの水準が上がっていることがわかった。

一方で、新卒エンジニアに求めるプログラミングスキルレベルが下がったと回答したのは、全体の1割未満だった。プログラミング経験に関する採用基準を緩和した企業は少なかった。

就活生が学ぶプログラミング言語「Java」が企業の印象が最も良い


企業が思う、エンジニアを目指す学生が学んでいる言語で最も印象が良いのは「Java(62.6%)」という結果になった。

レバテックが公開したエンジニア求人のうち、Javaのスキルを求める求人は約40%を占めることから、Javaの需要が高いことが要因の1つと考えられる。次いで「C/C++(46.0%)」「Python(36.7%)」「C#/C#.NET(29.8%)」「JavaScript(24.9%)」と続いた。

一方で、最も少なかったのは「Android Java/Kotlin(5.2%)」、次いで「Objective‐C/Swift(5.9%)」だった。日本製のプログラミング言語で、コードがシンプルで分かりやすく初心者でも学びやすいとされる「Ruby(6.6%)」は、全体の1割を下回った。


新卒エンジニアに入社するまでに学んでほしいプログラミング言語は、印象の良いプログラミング言語の結果とほとんど変わらず、1位は「Java(58.8%)」だった。次いで「C/C++(38.1%)」「Python(31.8%)」「JavaScript(28.4%)」という結果になった。

調査の概要は以下のとおり。

  • 調査対象:新卒エンジニアを採用する企業の新卒採用担当者289名
  • 調査会社:楽天インサイト株式会社(調査協力)
  • 集計期間:2022年2月8日〜2022年2月13日
  • 調査方法:Webアンケート調査
  • 有効回答数:289名

>>ニュースリリース