AI翻訳のロゼッタ、全社員に「英語禁止令」発令「英語は本業の能力とは何の関係もない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

人工知能(AI)翻訳を手がけるロゼッタグループは3月1日付けで、AI翻訳の性能向上を受け、全社全社員に対して英語を話すことを全面禁止する「英語禁止令(外国語禁止令)」を発令した。勤務中に日本人社員が英語を話すことに加え、外国人社員が日本語を話すことも一斉に禁止するとしている。

ただし、本当にネイティブ並みに話せる社員もいるため、代表承認を得ることで外国語を話すことを例外的に許可する。該当者は外国語使用許可を申請する必要がある。後に言及するが、SNS上ではこのような極端な対応に批判の声も見受けられる。

今回の発令した「英語禁止令」は、株式会社MatrixがAI翻訳をVRオフィスのシステム内に組み込むことで、パソコンやスマホ上のリモートで外国語が話せなくても会話できる「言語フリー・スペース」の実験に成功したことを受けたもの。今後、ロゼッタグループでは言語を超えたコミュニケーションが必要な際には、同システムを活用するという。

「英会話力は本業の能力とは何の関係もない」

「英語禁止令」では、ロゼッタグループは「感無量です。創業から17年、ついにこの日がやって来ました。今ここに高らかに宣言します。我々はついに言語的ハンディの呪縛から解放されました。『言語フリー』の世界が実現しました。長年に渡って人類を分断し続けた言語の壁は、今ここに崩壊したのです」と切り出している。

また、「人種や性別とまったく同じように、英会話力など、本業の能力とは何の関係もありません」「英語ができないだけで不遇な目に会っていた、優秀で素晴らしき人達。あなた方はついについに、檻から解放されたのです。自由に、羽ばたいてください。思う存分、きらめいてください」と、英語ができない人を鼓舞する場面もある。

社員それぞれが母語をはじめとした好きな言語以外を使う必要がなくなり、「言語の壁」が取り払われるのは『ドラえもん』の「ほんやくコンニャク」を思い出させる。AIなどテクノロジー技術が発達することで、漫画のなかの世界が近づきつつあると言える。

とはいえ、「英語禁止令」では、全体的に少し攻撃的な部分や「母国語」など配慮に欠ける表現も見受けられるため、SNS上では「言葉の使い方がかなり気になった」「話す言葉を誰かに禁止されたり許可されたりしたくない」など、否定的な書き込みも見受けられる。

それぞれが母語をはじめとした好きな言語だけを使えるようになること自体には肯定的でも、「英語禁止令」に含まれる攻撃的な表現はもちろん、母語以外を禁止し、仮に母語以外の言語を話したい場合は代表に承認を得る必要があるといった極端な対応には、批判が生まれるのも当然と言えるだろう。

もちろん、AIなどテクノロジー技術が発達することで、今後「ほんやくコンニャク」のような未来像が他社でも広がっていくのかは注目したいところだが……。

「英語禁止令」の文面(原文ママ)

なお、「英語禁止令」の実際の文面(原文ママ)は以下のとおり。

「感無量です。
創業から17年、ついにこの日がやって来ました。
今ここに高らかに宣言します。
我々はついに言語的ハンディの呪縛から解放されました。
『言語フリー』の世界が実現しました。
長年に渡って人類を分断し続けた言語の壁は、今ここに崩壊したのです。

3月1日から、グループ全社全部門において、仕事中で、
内外の(社内だけではなく外部の接客・商談であっても)外国人と話をする時に
日本人社員が英語および中国語を話すことを禁止します。
外国人社員が日本語を話すことも同様に禁止します。

つまりみんな母国語だけ使って話をするのです。
英語の会議で半分くらいしか理解できなかったり、
英語だけ話せて仕事ができない人に担当させたり、
仕事ができる人が英語を話せないだけで外されたり、
一見日本語ペラペラの中国人が全然分かってなかったり、
日本語が話せないエンジニアを採用できなかったり、
語学ができるがゆえに本職じゃない翻訳をさせられたり、
長年続いた暗黒時代は終わりました。

外国人との会話は、WEB上の言語フリー部屋で行ってください。
VRでなくてもいいです。PCやスマホでもワンクリックで入れます。
英語だろうが中国語だろうが日本語だろうが、本人の母国語だけで話すことができます。

今こそ目が覚める時です。
人種や性別とまったく同じように、英会話力など、本業の能力とは何の関係もありません。
英語ができる無能な人が重宝され、本当に実力のある人々が抑圧される暗黒時代はもう終わったのです。
英語ができないだけで不遇な目に会っていた、優秀で素晴らしき人達。あなた方はついについに、檻から解放されたのです。自由に、羽ばたいてください。思う存分、きらめいてください。
また、たまたま語学ができる人に、本業と関係ない翻訳仕事を依頼するのも無しです。

*本当にネイティブ並みに話せる人もいるにはいるので、代表承認を得ることで外国語を話すことを例外的に許可します。該当者は外国語使用許可の申請を行ってください」

>>ニュースリリース