SaaSとは | PaaS、IaaSとの違い・メリット、デメリットを紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

編集部で作成



SaaS(サース)という言葉を耳にしたことはあるでしょうか。「SaaS・PaaS・IaaS」の3セットで言葉を耳にする方も多いかもしれません。

SaaS・PaaS・IaaSはすべてクラウドサービスです。クラウドで提供する内容が違うため、名称が分かれています。

この記事ではSaaSとは何か知りたい方へ向けて、SaaSの意味と例、PaaS・IaaSとの違い、ASPとの違い、メリット・デメリットを紹介していきます。


新規CTA

SaaS(サース)とは

編集部で作成

SaaS(サース)は、Software as a service(サービスとしてのソフトウェア)の略です。クラウドサービスのうちソフトウェアを提供するものを指します。

従来、利用者がソフトウェアを利用するには、パッケージ製品として購入し自分の端末で稼働させる必要がありました。SaaSの場合、ソフトウェアを自分の端末で稼働させる必要はなく、ネットワーク経由で利用できます。

多くの方が普段使っているであろうGmail、Microsoft 365、Slack、DropboxなどはすべてSaaSです。またコロナ下で一気に広まったZoomもSaaSです。

BtoB(B2B)としては、セールスフォース・ドットコム(Salesforce)という企業のSaaSがとくに有名です。業界に合わせたサービスを提供しています。

クラウドとは何か

編集部で作成

SaaSはクラウドサービスのうちソフトウェアを提供するものと述べ、SaaSの説明を進めてきましたが、そもそもクラウド(クラウドコンピューティング)とは何でしょうか。

米国国立標準技術研究所(National Institute of Standards and Technology, NIST)の資料によると、クラウドの定義は以下のようになっています。

クラウドコンピューティングは、共用の構成可能なコンピューティングリソース(ネットワーク、サーバー、ストレージ、アプリケーション、サービス)の集積に、どこからでも、簡便に、必要に応じて、ネットワーク経由でアクセスすることを可能とするモデルであり、最小限の利用手続きまたはサービスプロバイダとのやりとりで速やかに割当てられ提供されるものである。

この定義を簡潔にまとめると、クラウドとは「どこからでも、簡便に、必要に応じて、コンピューティングリソースにネットワーク経由でアクセスできるモデル」です。

ひとことでクラウドサービスといっても、クラウドの提供できるサービスは幅広いです。ソフトウェア自体を提供することもあれば、開発するためのツールや環境を提供することも、環境構築の場を提供することもあります。

そこで、同じクラウドサービスでも、提供内容によりSaaSのほか、PaaS(パース、Platform as a Service)IaaS(イアース、Infrastructure as a Service)と名前を分けています。

SaaS・PaaS・IaaSの違い

編集部で作成

SaaS、PaaS、IaaSそれぞれの提供内容をひとことでまとめると、以下のようになります。

  • SaaS:クラウドサービスのうちソフトウェアを提供するもの
  • PaaS:クラウドサービスのうちプラットフォームを提供するもの
  • IaaS:クラウドサービスのうちインフラストラクチャーを提供するもの

これら3つの提供する構成の違いを図示すると、以下のようになります。

編集部で作成

SaaSでは、「クラウドのインフラストラクチャー上で稼動しているプロバイダ由来のアプリケーション」(=ソフトウェア)が提供されます。自分で開発する部分がなく、専門性が低くても使えます。一方で、自由度は低く、アプリケーションに設定されているカスタマイズ機能をいじる程度です。

PaaSでは、「クラウドのインフラストラクチャー上にユーザが開発したまたは購入したアプリケーションを実装する」機能(=プラットフォーム)が提供されます。提供されたプラットフォームで、自分でアプリケーションを実装できます。プラットフォームには、開発ツール、データベース管理サービス、実行時に必要なライブリーやモジュールも含まれます。必要な専門性も自由度もSaaSとIaaSの中間です。

IaaSでは、「演算機能、ストレージ、ネットワークそのほかの基礎的コンピューティングリソース」(=インフラストラクチャー)が提供されます。PaaSのようにプラットフォームとして整ったアプリケーション実装環境が提供されるわけではありません。自分でミドルウェアを導入し、そのうえで、アプリケーションを実装する必要があります。OSは提供されている場合も、提供されていない場合もあります。OSが含まれないクラウドサービスは、IaaSのほかHaaS(ハース、Hardware as a Service)と呼ばれることもあります。SaaSとPaaSより自由度が高い一方で、高い専門性も必要です。

SaaS・PaaS・IaaSの比較まとめ

SaaS・PaaS・IaaSの特徴を表でまとめると、以下のようになります。

編集部で作成

SaaSとASPの違い

ASP(エーエスピー)とは、「Application Service Provider」の略で、ネットワーク経由でソフトウェアを提供する事業者を指します。

和訳の意味から考えれば、「SaaSはネットワーク経由で提供されるソフトウェアを指し、ASPはネットワーク経由でソフトウェアを提供する事業者を指す」という違いがあります。

かつては技術的にも違いがあり、ASPはシングルテナント、SaaSはマルチテナントでした。

しかしながら、現在はASPとSaaSが同義で用いられる場合が多いです。

たとえば、一般社団法人ASP・SaaS・AI・IoTクラウド産業協会(ASPIC)は「ASP」と「SaaS」は同義語とみなしています。

※なお、ASPという言葉は「Affiliate Service Provider(インターネットを中心に成功報酬型広告を配信する事業者)」の略でも使われるので混同しないよう注意が必要です。

SaaSのメリット・デメリット

SaaSは従来のソフトウェアと比較して、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。ユーザー、提供者それぞれの立場で紹介していきます。

SaaSのメリット

ユーザー側のメリットには以下のようなものがあります。

  • 高度な技術を使用可能
  •  多くのSaaSを提供する企業は高い技術を持っており、その技術の結集であるソフトウェアを使える

  • 手軽に利用可能
  •  インストールの手間がなくアカウントの作成だけで利用できる

  • インターネットに接続できればどこでも利用可能
  •  端末にインストールするわけではないので、アカウントさえあればどの端末からでも利用できる

  • 設備投資を抑えられる
  •  環境構築が不要なためサーバー購入費などを抑えられる

  • 運用の手間がかからない
  •  提供者が機能のアップデートやセキュリティ対策をしてくれるため、運用に手間がかからない

提供者側のメリットには以下のようなものがあります。

  • 継続的な収入が期待できる
  •  利用者が離れなければ、サブスクリプション方式をとることで継続的な収入を得ることができる
    ※サブスクリプション方式とは、定額料金での一定期間の利用を補償してサービスを提供する方式

  • ユーザーの獲得がしやすい
  •  手軽に利用できるためユーザーが試しやすく、その分顧客獲得の機会も多い

  • ユーザーの囲い込みがしやすい
  •  接続の利便性などから、一度獲得したユーザーは同じ提供者の製品でそろえる場合も多く、囲い込みがしやすい

SaaSのデメリット

ユーザー側のデメリットには以下のようなものがあります。

  • 有料の場合、ランニングコストが常にかかる
  • システムメンテナンスにより利用が制限される場合がある
  •  提供者の都合でシステムメンテナンスが実施される場合が多い。ただし、通常は利用の少ない深夜帯などで実施されるため影響は少ない

  • データの移行が難しい
  •  サービスを移行したくても、データの移行が難しく断念せざる負えない場合がある

  • セキュリティは提供者に依存
  •  セキュリティ対策のレベルは提供者に依存するため、万全でない場合もある

提供者側のデメリットには以下のようなものがあります。

  • 常にアップデート・コンテンツの作成が必要
  •  顧客流出の防止のため、常により良いサービスを目指して動く必要がある

  • 初期は金銭的な負担が大きい
  •  サブスクリプション方式を前提としているため、ある程度の期間が経過するまでは経費を回収できない

  • カスタマーサクセスやカスタマーサポートの負担が大きい
  •  顧客流出を防ぐには、常に顧客により良い体験をしてもらう必要がある。そのためカスタマーサクセスやカスタマーサポートの負担が大きい

ユーザー側と提供者側のメリット・デメリットは対になる部分もあるかもしれません。

さまざまなサービスで、「モノ」から「コト」、「所有」から「共有」というように、提供する価値に変化が起きています。SaaSもこうした世の中の流れを代表するサービス形態の一種です。

この記事では、SaaSの意味と例、PaaS・IaaSとの違い、ASPとの違い、メリット・デメリットを紹介しました。

昨今では、新型コロナウイルスの感染拡大にともなう影響で「テレワーク」や「DX(デジタルトランスフォーメーション)」といった流れが進みました。「手軽に導入できるSaaSを使い始めた」「SaaSだとは思っていなかったが、使っていた」という方も多いかもしれません。

また、SaaSにはAIが活用されている場合も多いです。SaaSの例としてGmailを挙げましたが、Gmailのもつ返信例文提示機能(スマートリプライ機能)はAIによるものです。SaaSを提供する企業は、顧客体験向上のため、AIの活用にも積極的です。SaaSという形で、AI技術に無意識に触れる機会は今後も増えていくでしょう。


新規CTA